2004年09月13日

困ったお客様

ああああ・・・・・

実はまだ試験期間真っ只中なんですよ。

こんなに更新してるのは勉強に身が入ってないシ・ョ・ウ・コ☆☆☆

やばいっすねーー。あはは。


さっき、お客様から電話がありました。
彼(Rさんとしましょう)は、電話で毎回のようにこう言います。
「○○(←私の源氏名)、好き。付き合って」

ホステスにとっちゃあ、お客様に好かれるのは有難いことなんですけど、
彼の場合、、、

・・・・結構・・・・

・・・・・・・その・・・

・・・・・・・・・・・ちょっと・・・

    
    しつこい!!!


最近はだいぶ良くなってきているんですが、
以前はほぼ毎日電話!!
しかも、電話に出れなかったりすると、

なぜか怒る。


Rさん・・・あなた私の彼氏じゃないよ???(笑)


しかもRさん、すごーく自分大好きっ子。

「俺、モテるんだよー。早くしないと他の子に取られるよー」って・・・・


取られちゃってください。



 Rさん:自分がどれだけモテるか毎回私に熱弁する。
     ↓
   私:やきもちを焼く・・・・フリをする。
     ↓
 Rさん:もっと、勘違いする。

勘違いさせなけりゃーいいじゃん。って言われるかもしれないですけど
やっぱりお客様なんでねぇ。。。
手放すには惜しいし。。。(上客さんなんです)
まぁ、今すぐ手放す程、質の悪いお客様でもないし。。。


ちなみに、Rさんが言う「モテる」とは
水商売のホステスさんの事・・・・

Rさん、それ・・・・・


     営業ですからッッッ!!!!


          切腹っっっ!!!!!!(笑)
posted by エリザベス at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ウラ日記(ホステス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

使い分ける。

不倫相手との関係に限界を感じてるのかもしれないなぁ。

会いたい、って言いたいのに言えない。

そもそも本当に会いたいのかどうかも分からない。

ここんとこココロが不安定なんだよ。


「会いたいときは、素直に言って」って言うけどさー

私が全部全部素直に「会いたい」「会いに来て」なんて言ったら困るくせに。
自由に動き回れない身のくせに。


全部全部、アンタの言ってること、
薄い半透明のフィルムを通して濁って聞こえてくる。


気づいてましたでしょうか?
不倫相手のことを書くときには、カテゴリを「ホステス」にしている。
素の私は、ただ単に「普通の女子大生」なんだけど、
彼との関係を続けている私は「ホステス」なのだ。
彼と一緒にいる私はホステス。
ホステスを・・・演じているのかもしれない。

彼との出会いは夜の仕事を通してだ。
彼が初めて会ったのは「ホステス」としての私。

不倫なんて、所詮「都合の良い関係」。
自分にとって都合の良い所だけを見続けていい関係。

初めての出会いが、私が女子大生の時のお昼時だったなら
きっと彼は女子大生の私になんて興味を持たなかっただろう。
彼が私に興味を持ったのは、私がホステスだったからだろう。

恋人同士ってのは普通「お互いの嫌な所を受け入れる」という。
でも、私たちは不倫。
私は「不倫関係はお互いの嫌なところを受け入れる必要なんてない」と思っている。

お互いに自分の綺麗な所だけ相手に見せていればいい。

素の私なんて、彼はきっと見向きもしないだろう。

だから私は彼の前では常にホステスでいる。
可愛くて、女らしくて、完璧に作りあげられた偽の私。
posted by エリザベス at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。