2004年09月22日

不倫してる上に浮気ってか?(終)

(続き)

さて。
彼の話。信じますか?信じませんか?
「女の声は、友達の彼女だった」と。


「所詮、不倫するような男なんだから、他の女が出てきても不思議じゃないっしょ」
という私の友達。

ま〜ね。 然様で御座いますね(空笑)



夜になって、彼に会いました。

彼はこう言った。

「他に女ができる訳ないやん!!!分かってるやろ?
 
 エリザベスの誤解。

 でも、あのときに誰と一緒に居るか言わなかった俺も悪い。
 
 ごめんね



・・・・勝った!!!!(爆)
・・・・謝らせた!!!(爆)
嘘です(笑)
「勝った負けた」の話じゃないですよね(笑)

とりあえず、謝ってきた彼でした。
とりあえず、それを許した私でした。



許したのかよ!!!!!!

という罵声が聞こえてきそうです(笑)
posted by エリザベス at 23:56| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不倫してる上に浮気ってか?(3)

(続き)
そして今日。

朝・・といっても昼(笑)起きた私は、悩んだ末、彼に電話をかけました。


彼は私が機嫌が悪いのは分かっていたみたいでした。
でも、何で機嫌が悪いのかは分からなかった模様。
(・・ていうか、分からなかった振りかも)


彼:なんで機嫌悪いの? Nに行ったから?

私:そう。

彼:一緒に行かなかったから?

私:そう。 しかも女の声したし。


“しかも”っていうか、女の声が一番の原因じゃん!みたいな(笑)
そんな意地っ張りな私に乾杯。
話を戻そう。


彼:やっぱりね。それが原因と思ってた!
  友達と、その彼女も一緒にいたの!!

私:そんなの知らんかったもん。

彼:だから機嫌悪かったんでしょ?だから着拒してたんやろ?

私:そう。 むかつく。

彼:そのときに何で直接、俺に「誰といるの?」って聞かなかったの?だから誤解するんやろ?


(・・・ってちょっと待て。
じゃあ何かい?
私があの時、直接聞かなかったのが全部悪いんかい?
全部が全部私が悪いってーーーのかい?!?!
アンタだって一言、「友達と友達の彼女も一緒に行ってる」って言うべきだったんじゃないんかい?)


私:あーー。そんな風に言うん?
  じゃあさ、貴方がもし私の立場で、
  私との電話の向こうに男の声がしたら
  「今の誰?」って聞けるの???

彼:・・・・聞けない。


そんなこと言いながら、私は悔しくて涙が出てきた。
もう。男のことで泣くなんて、なんて女々しい女なんだ、私ってば。
「泣くときは、泣きを武器にする時だけ」そう決めてる私はその時の涙を武器にしたくなかった。
だから、

「とりあえず、電話切る(グスン)」

と言って電話を終えた。


(続く・・・またかよ!)
posted by エリザベス at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不倫の上に浮気ってか?(2)

(続き)

私からの報告メールを受け取った友達は次のように返信してきた。

「ん〜。あたしだったらプチ浮気ととるな。Nって、一応お洒落スポットだからね(笑)怒れば?
けどあたし思うんだが、もともと不倫じゃん、女が居たってよくね?笑 奥さんはよくて女は許せんか? 女発見して電話切るのって、なんかいかにもあたしは一筋やったのに、みたいで嫌じゃない?」


いやいや、違うんだよ、これが。
奥さんについては、相手にしてない・・・っつーか、相手にされないし(笑)
奥さんと私じゃあ、次元が違いすぎる。
だから気にならない。

でもね。
他の女はありえない。だったら別れますよ。
他に女が居る不倫なんて、面白くもなんともない。


。。と、こんな感じ↑な内容を友達に送り返しました。



そんなこんなで、私が友達とメールのやりとりをしているうちにも、彼から電話が入っておりました。しかし、そこはもちろん、着信拒否してたわけですから、私の携帯に残るのは彼からの着信履歴のみだったんですけどね。

でも、その着信履歴の数がハンパなかったんです。
3分毎ぐらいの勢いで。まるで、焦ってるかのようで。
そこで、浮かんできた思いは

「彼は、私が浮気を怪しんでいるのに感づいて、弁解するつもりであんなに必死で私に電話をしてきているのではないか?」

というもの。


で、あまりにも彼からの着信履歴の数が多くて、軽く可哀想になったの着信拒否を解除しました。

解除後、すぐに電話がありました。
私はそのとき出勤前に薬局で買い物中。

彼:着拒してたやろ?

私:うん。

彼:なんで?お客さんと一緒だった?

私:いや、別に。

彼:え?お母さんと一緒に居たとか?

私:違うよ。  
  ちょっとごめん。今、薬局に居るから後でかけ直す。


と言って電話を切った私。
その後、無事に買い物も済ませ、お店に出勤。

お店に到着したはいいものの、コールバックしたくなくて、その上、お店の開店時間が迫ってたので結局彼に電話しないままお仕事開始しました。


そのまま無事に、お仕事を終えた私は、
普通におうちに帰って、普通に眠りにつきました。


・・・で、翌日(今日)。


(続く・・・・のかよ!)
posted by エリザベス at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不倫してる上に浮気ってか?

出勤前夕方6時半ぐらいに、彼に電話した。

私:何してるの?

彼:Nに向かってるよ〜。今、移動中〜。

Nとはデパートの集合体みたいな地名。私が住んでる地域で、「お出かけ&買い物&デートといえばN」みたいな場所。東京で言う六本木ヒルズみたいな感じかな。

私:へ〜。何しに?

彼:買い物〜。



・・・・とその時。

彼の向こうに女のクスクスという笑い声が。

・・・・カチン(←私の頭の中)



私:さようなら。

(ピ)←ケータイ切る音ね



どーゆー事だろう?
彼は車で移動中だった。 
あの女の声は、ラジオから流れてきた声でもなかった。

頭にきた。
昔、彼にNに行こうと言ったことがある。しかし彼は人目を気にして嫌がった。
私と居るところを誰かに見られたくないらしい。
だからか彼は明るい昼間は私と手をつながない。
暗くなった夜じゃないと手をつないでくれない。

そんなことはどーでもいい。話を戻そう。手をつなぐかどーかなんて、どーでもいい訳よ。

私とはNに行かないくせに、その女とは行くの?

私が仕事に行く日に、奴は仕事中だというのに女と買い物に行くわけだ。(まぁ、彼は経営者だから、仕事の時間は比較的自由だけど)


着拒だ、コノヤロー。

てな訳で、電話を切ってすぐ着信拒否。


ただでさえ風邪ひいてボーっとしている頭を無理やっこフル回転させて考えた。
可能性として考えられるのは下の4つ:

1:普通に浮気
2:女の声の主は奥さん
3:(仕事での)お客さんを、ついでに送ってたりしてた
4:女のほかにも人(この場合、従業員♂あたりか?)が一緒にいた


こんな感じか?


1については説明不要だろう。

2についてはかなり可能性が低いと思われる。
昼間、奥さんと居るなんてのは限りなく0%に近いし、もしも奥さんと居たとして愛人からの電話には出ないだろう。

3については、たまにあること。
でも彼は「お客さん送ってるー」とか言う言葉の一つもなかった。

4については、これもたまにあること。
彼はたまに従業員と仕事そっちのけで買い物に出たりする。でも従業員は男性だけだし、従業員と他の女と一緒に買い物に出るだろうか?


・・・とまぁ、いろいろ考えて、私は友達♀にメールした。


(続く)
posted by エリザベス at 02:39| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。