2004年12月01日

馬鹿女に行く前に、システムの話を

(続き)

以前も何度か触れたことがあると思いますが、
うちのお店は「永久指名制度」という制度を取っています。

よくキャバクラとかラウンジとかで
「本指名」「場内指名」とかってあるでしょ?
それのクラブ版と思ってください。

キャバなんかで言う、場内指名って(本指名もなのか?そこらへん、ちょっと分からないけど・汗)、お客様がどの女の子を指名しようが自由じゃないですか。だから気に入った女の子が替われば、お客様は自由に指名の女の子を替えることができる(指名替えと言いますね)。


でもこの「永久指名制度」ってのは、その「指名替え」が出来ない。
つまり、あなたがお店に来て一番最初に指名した女の子がずーーーっとあなたのご指名。
たとえ他の可愛い女の子の方が気に入っちゃっても、あなたのご指名は一番最初の女の子。
だからこの場合、「指名」っていう表現がちょっとオカシイんだけど。
「担当」って言葉のほうがしっくりくる。(よく私が記事の中でも「担当」って使ってますよね。本当は別の正式な言葉もあるんだけど)
そして、売り上げってのは、お客様の担当の女の子につく。

じゃあ、どーやったら「自分担当」のお客様をゲットできるのか?

うちの店では、大前提として「同伴」があります。
他は「他店から移籍してきた女の子が引っ張って来たお客様」とか。


そもそも永久指名制をとってるお店には「指名」っちゅー制度がないと思ってください。



たとえばの話をして説明してみましょうか・・・・


新規のお客様Aさん(or担当の女の子が居ないお客様)がご来店されたとします。
Aさんはどうやらエリザベスと気が合った模様。。。
携帯番号もメールアドレスも交換して、エリザベスが初めてAさんを同伴でお店に連れてきた!!そんでもって新しいボトルをキープ!!

はい。その時点でAさんはエリザベス担当です。

Aさんがお店に払ったお金はエリザベスの売り上げ成績となります
本当は、「お店に払った総額−(税金+ミネラル代1000円)」がエリザベスの売り上げなんですが。

しかしAさん、今度はどうやらエリザベスより他の女の子久美子ちゃんに気があるみたい。
そんな時、担当であるエリザベスの役目は、久美子ちゃんにヤキモチ焼くのではなく、Aさんに気持ちよくお酒を飲んでいただくために久美子ちゃんを席に呼ぶ。
その席にエリザベス自身が「私、邪魔かな?」と思ったら、エリザベスは席を外してAさんと久美子ちゃんが二人でゆっくり話せるようにしてあげます。
つまりこの場合、久美子ちゃんがヘルプになる訳だな。

たとえ久美子ちゃんがAさんをずーーっと接客していても、
たとえエリザベスが全くAさんの席につかなくても、
Aさんの売り上げはエリザベスのもの。

たとえAさんが「久美子ちゃん呼んで」と口に出して言ったとしても、
もともと「指名」っちゅーシステムじゃないんで、売り上げはエリザベスにつく。
もちろん、その時は久美子ちゃんを席につけるわけです。

Aさんが久美子ちゃん目当てで毎日お店に通って来たとしても、売り上げはエリザベスのもの。


さて、ここからが銀座とかとはちょっと違う所。

銀座なんかはホステスの種類が「売り上げさん」と「ヘルプさん」2種類に分けられることが多い。
この場合、「売り上げさん」がエリザベスで「ヘルプさん」が久美子ちゃんだな。
だからヘルプちゃんは、売り上げを伸ばそうと頑張ったりしないわけ。

でもでも、うちの店は
売り上げさんもヘルプさんもあるけど、売り上げさんも誰かのヘルプをするし、ヘルプちゃんも売り上げを伸ばす。

どーやって???


「久美子ちゃんがAさんと同伴して来た!!」
こんなとき、ヘルプである久美子ちゃんに売り上げがつきます。
但し、エリザベスと久美子ちゃんの折半。Aさんがお店に払ったお金をエリザベスと久美子ちゃんで半分ずっこにするって訳だね。



もう一つ、たとえ話してよい???


前のお店から新しいお店に移籍してきたばかりのエリザベス。
ある日、Bさんがご来店。
「エリザベス、居る?」と。
Bさんというのは前の店からのエリザベスお客様。
前のお店から新規のお客様を引っ張ってきた場合、Bさんは自動的にエリザベスの担当になります。

前のお店からじゃなくても、
エリザベスと個人的に知り合いの人(友達とかもね)が、エリザベスを訪ねてお店に来てくれた時も、えりざべす担当のお客様になります。



こんな感じで女の子は成績を伸ばしていく訳でござる。



永久指名のシステムと成績のつけ方を説明した所で、ようやく馬鹿女の話に戻りましょうか。
(続く)





posted by エリザベス at 23:51| Comment(0) | TrackBack(1) | ウラ日記(ホステス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

馬鹿女としか呼びようがないんです

「馬鹿女に捧ぐ」でめちゃめちゃ怒ってますね(笑)
ま、その怒り、まだ収まったわけじゃないんですけどね。
なんで、私がこんなに怒ってるのか。

怒りの矛先は同じ職場の馬鹿女(以下、ミナにしましょう)。
私より1つ年上。 職場でも先輩にあたる。
顔もスタイルもいいほうだ。
でも、何が悪いって・・・「頭」
脳みそ詰まってないんじゃねーかぐらいの馬鹿女なのだ。

そもそもこの女。
私が初めて水商売を始めたころ(つまり、今のお店に入った頃)から、私より先輩だったのにも関わらず、いつもママや店長(ほかの姐さん方も)に怒られていた「問題児」。

常識がない。
品がない。
礼儀がない。

一瞬で席を固まらせてしまうようなことを平気で言ってのかしたりしていた。


お客様との約束も、出勤だって遅刻、ドタキャン当たり前。
同伴の約束をして、遅刻して、そのお客様がお店で待っててくれてても「ごめんなさい」の一言もない。
とにかく馬鹿。
ていうか、「人として」成ってない。

「ミナがいるから、もうお前の店には行かないよ」
この台詞、何度お客様から聞いたことやら・・・・


当時、新人だった私は
「この人、一緒に仕事しにくい人だな〜」ぐらいにしか思ってなかったが、
あるとき、事件が起きた。


その事件を説明する前に、私のお店の女の子の成績のつけ方についてお話しましょう。
(続くのさ)
posted by エリザベス at 01:03| Comment(2) | TrackBack(0) | ウラ日記(ホステス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。