2005年06月23日

エリザベス的ヘルプ論〜自分のお客さん編〜

じゃあ、自分の担当の席ではどーなのか、と。


最近のアタシの目標↓↓↓

“担当のお客さんにアタシ以外の女の子を気に入ってもらう!!”


つまり
「“担当はエリザベス”で不動なんですけど、“お気に入りの女の子は○○ちゃん”」

っていう状態を作り上げる、ってこと。(難しいですが・・・)


クラブ特有の永久指名制を十分に生かしたことをやっちゃってます。


だって、
たとえ担当はエリザベスであっても、お客さんがお気に入りの女の子(つまりヘルプの子)を見つけてくれてお店に通うようになってくれたら万々歳!!!ヽ(´ー`)ノマンセー


アタシが営業しなくても(お店に出勤してなくても)お客さんはお店に通ってくれる!!&それでも売り上げは私に入る!!!
まさに一石二鳥じゃあありませんか(☆∀☆)キラリン


そんな訳で、最近のアタシは自分の担当のお客さんがお店に来ると、
ま、一応その席には付くんですが、

「う〜ん・・・このお客さんの好みの女の子はぁ〜・・・○○ちゃんかな♪」
てな感じで

どの女の子をこの席につけようか??
どの女の子をこの席(お客さん)のヘルプにしようか??


そればっかり考えています。まさしくクラブの発想。



ここで私が、そのお客さんにピッタリのヘルプの子を見つけてあげることによって、
その女の子はそのお客さんの席での「専属ヘルプ」になります。

つまり、担当の私よりも専属ヘルプの子メインの席が出来上がるわけです。



そーなったら、もう楽ちん♪♪ヽ(‘ ∇‘ )ノ ワーイ




私のほうがヘルプみたいな感じになるんですね。

担当は私だけど、私はヘルプのような働きだけしてれば(・∀・)イイ!!みたいな。





結局何が言いたいかと言いますと・・・・






いくら自分担当のお客さんを持っていようとも、

いつまでも「私が一番!!!」な営業じゃあ駄目なんですね。


ある程度しっかりと、“お客さんと担当ホステス”という信頼関係を作ったら、

次は、
『自分は一歩下がって、ヘルプになったつもりで他の後輩ホステスさんを前に出してあげる』
のが必要だ、ってこと。


そうすると他の後輩ホステスさんも育つ、ってもんです。





そうやって、アタシも先輩姐さん達のお客さんの専属ヘルプをしてきました。
そのお姐さんたちがお店を辞めたら、そのお客さん達ごっそり私のもの♪♪でしたからv(o ̄∇ ̄o) ヤリィ♪





なんかちょっと話がズレましたが・・・


エリザベス的ヘルプ論3連発、おしまい。
posted by エリザベス at 02:16| Comment(3) | TrackBack(2) | ウラ日記(ホステス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。