2005年10月30日

エリ様に訊け!「女の子を落とす来店頻度」

いざゆかん!ストック、ストック!!!(笑)


「エリ様に訊け!」 ひーうぃーごー



斉藤さんからのご相談(^◇^)



>女の子と付き合うのが目的の場合、
>どのくらいの頻度でお店に通うのがいいでしょうか?
>もちろん、個人差があるとか、人によって違うとか言われるとあれなので、
>エリザベスさんの経験や今まで見てきた女の子やお客さんなどで構わないので、
>教えて頂ければと思います。
>ちなみに、私のまわりでは、
>やはりお店にたくさん通うやつのほうが女の子とうまくいく確立は高いです。
>結局金だと言われてしまえばそれまでですが。
>エリザベスさんの意見をお願いします!




付き合うためにねぇ・・・・。


来店の頻度かぁ・・・。




アタシの独断と偏見で言うならば




馬鹿な女を落とすなら毎日のように通え!



そんでもって、金も湯水のように使え。





そんなに沢山のホステスを見てきたわけじゃありませんが、

ちょっとお馬鹿さんな女の子ほど(姐さんグループになると話は違うw)、

たくさん来店してくれるお客さんに落ちちゃう傾向があります。

ついでにお店でお金をいーーーっぱい使ってくれるお客さん程、その可能性は高くなる気がします。




ま、これは、あくまでも“ちょっとお頭が弱い子”ってことで(;・∀・)




はっきり言わせてもらえば、

そんな馬鹿な女を落とそうとする、もしくは実際に落とす男、ってのもどーかと思いますけどね。





じゃあ、普通のホステス(普通っていうか、まぁ・・・ねぇ・・・・w)の場合は。。。。




まず、「少しでも男性がホステス(もしくはキャバ嬢)の射程圏内」というのは最低限必要な条件でね(笑)。




お店に通う頻度ってのはねぇ。。。。


多くて週1。 少なくて月1。


で十分じゃないかなぁ?



下手に頻繁に通ってると「いいお客さん♪」になっちゃうと思います。






ま、こんなのより、経験に基づいた話をしましょうかね。





アタシの今までの彼氏(元はお客さんだった、っての)は、そんなに頻繁にお店にくる人じゃありませんでしたよ。


彼氏になってしまってからは、
ちょっとワガママを言って同伴してもらったり何だりで、来店頻度はちょっと上がりましたけど
(そのうち、その来店頻度も落ちつきますが)

彼氏になるまで、つまり、お客さんの時は、

多くて週に1〜2回。

少なくて半年ぶり(笑)とか。




同僚だったある姐さんの彼も、彼氏になる前は、週1〜2回。


マリちゃんの彼氏は、週1〜2回。
マリちゃんの前の彼氏は、2週に1回ぐらい?


チーママの元彼は週に1回。
元々彼は週に2〜3回。





あれ?! 週に1〜2回が一番多いなぁ。


実際の話に基づくと、


週に1〜2回の来店、ってのが成功率が高そうです。




あ、ちなみに、お馬鹿ちゃん代表の子も書いときましょうかね(笑)


お馬鹿ちゃん代表の彼氏は、出遭ってから毎日お店に来てましたね〜。。。
毎日のように同伴。
同伴しなくても、普通に来店。
2〜3週間で、いとも簡単に落ちてましたがww





参考になりましたでしょうか???




*****************************



あとね、

>結局金だと言われてしまえばそれまでですが。


そーじゃあ、ないんですよ!


ホステスを代表して言わせて頂きますね。



あのね。ホステスって、

毎日毎日、普通では考えられない額の金額をお客様に請求して、

毎日毎日、支払い時のお客さんの反応を見てるわけ。



その支払い時にさ、

やっぱり「高ぇ〜店だな〜、おい」とか悪態つく人もいますよ。


でも、そーゆー事も言わずに気持ちよくお支払いしてくれる人もいるでしょ?



どっちが印象がいいか、っつったら、そりゃもう断然、後者。



その上、ホステスは毎日のようにビックリするくらいのお金持ちさんと出合う訳じゃない?

そんなお金持ちさんのお金の使い方も見慣れてくるじゃない?



そしたら自然と「気持ちよくお金を使ってくれる人」っていうのは素敵に見えてくる。

そんでもって、「ケチな人」は余計に印象ダウン。




“ホステスの彼氏は金持ってる”。。。そう思われちゃうのは、しょうがないかもしれないですね。




でも実際問題、お金の使い方が汚い人は全然素敵に見えないでしょ???

そんでもって、ホステスしてたら余計に男性を見る目が肥えてしまいますもんね。

(それが良いとも悪いとも言えませんが・・・・ww)
posted by エリザベス at 11:25| Comment(7) | TrackBack(2) | エリ様に訊け! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

お知らせ☆VIVA!!!京都!!!!!


11月が来るのが楽しみなエリザベスです。

11月の最初の週は、ちょっくらアタシお得意の現実逃避の旅に行くので、更新をお休みしま〜す。


「記事の投稿日時をいじくって、その間も更新してるかのように見せる」

っちゅーキタナイ手を使うと思いますが、ゆるしておくんなまし。




posted by エリザベス at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | それ以外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

エリ様に訊け!「お店に行かないのに・・・これは営業?!」

すみません。ちょっと間が開いてしまいましたm( __ __ )m

最近、夢中になるものを見つけました。エリザベスです。


今日はね、ちょっと深刻なお悩み。

長いメールを頂きました。Hiroshiさん。

Let's Go 「エリ様に訊け!」

以下コピペ。



>私、10年以上、銀座通いをしております。
>何人か、担当のお姉さまがいらっしゃいますが、その中の1人の担当の方(仮称H姉さん)を、最近、切りました。
>理由は、一言で言えば、相互信頼が崩れたことです。
>銀座は、ご存知の通り、永久氏名ですので、そのお店には、伺っていません。

>H姉さんとの決別した後、エリザベスさんのブログではないですが、私の携帯電話は、彼女からの電話は着信拒否にしてあります。
>二度と、行かないとの内容のメールを送付した後、数回着信がありましたが、ここ1ヶ月は全くありません。

>H姉さんのことではなく、そのお姉さんのお店のヘルプのホステス(仮称Mちゃん)さんの件です。
>Mちゃんは、私のお気に入りでしたので、私が、その店に行くと、必ずヘルプに付くし、同伴したり、アフターに付き合ってくれました。
>H姉さんと私の信頼関係が崩れた事情も、Mちゃんは、知っていますが。ただ、この件に関しては、Mちゃんは無関係です。

>Mちゃんからは、何回か、電話を頂き、メールのやり取りは続いています。
>そして、最近になって、数回、店外のお誘いもあり、お店の終わった後、銀座のショットバーや、六本木で会っています。
>その時の、会話で分かったのですが、MちゃんとH姉さんは、仲が良くないとの事でした。

>私は、Mちゃんと会うのは、楽しいので、何も問題ありませんが、彼女にとって、メリットがないので、正直、戸惑っています。

>Mちゃん自身が、店を移動する気配も感じられませんし、何を考えているのか・・・・
>このまま、彼女の好意に甘えるのも良いのですが、それに対して、応えられないのが心苦しいところです。





・・・と。




私が率直に思ったことを、書いちゃっていいっすかね?




まぁ、Hiroshiさんが、Mちゃんに対して「彼女にしたい」とか「恋愛感情をもっている」という特別な気があるのかないのかは、文面からはあまり伝わってきませんが、


特にHiroshiさんが気にすることはないんじゃないかな?と思います。


Mちゃんの方から店外やアフターに誘ってきているわけですし、

特にHiroshiさんが気を使うものではないと思います。



それに、MちゃんはHiroshiさんがもうお店に行かないということを知っているんでしょ?

それだったら、ここはもう『ご好意に甘えて』と言いますか(笑)






ぶっちゃけ、アタシもMちゃんの本意は分かりませんが(おい。全然力になれてねーw)、

「その時の、会話で分かったのですが、MちゃんとH姉さんは、仲が良くないとの事でした。」

そーゆー事実をお客さんに言うのは、ホステスとしてどーかと思います。


MちゃんとHiroshiさんが付き合っているのならまだしもね、

たとえ、現段階でMちゃんがHiroshiさんに好意を持っていたとしても、

今はマダ「お客さんとホステス」の関係な訳ですし、

そーゆー事は、お客さんに見せてはいけませんよね。



「仲が良いから、僕に心を開いてくれている」とも取れますけど、

実際、こーゆー風にHiroshiさんを困らせて(惑わせてと言うか)しまっていますしね。



・・・おっと。Mちゃんに苦言を述べてしまっても意味ナイっすね。。。。(;・∀・)





えーー・・・・




アタシもね〜。


今回の相談みたいな経験をしたことありますよー。



自分の経験談ぐらいしか書けませんが、それが少しでもHiroshiさんのお役に立つのなら。。。。


アタシは、この場合で言えば、Mちゃんでした。



松本さんってお客さんが居てね。

もともとK姐さんのお客さんで、アタシがヘルプで。

んで、松本さんがK姐さんにブチ切れちゃって(今となっては、ブチ切れた理由も忘れましたが)

「もう2度とお前の店には来ないぞ!!!」と。



K姐さんと松本さんは、プッツリと連絡が途絶えたみたいでしたが、

アタシは頑張りましたね〜。

辛抱強く、松本さんと連絡を取り続けましたね〜。

店外だってしましたし、お店に来てなくてもアフターにも行きましたがな。



ナンデかって?






決まってるじゃないですか。






またお店に来てもらうためですよ。








確かに「2度と来ない」って言われましたけどね、

でも、あるんです。

来てくれる可能性はまだ残ってるんです。




その可能性にかけて店外とかもするわけ。




確かに、無駄な努力だったりすることもあります。あります、っていうか、ありました。

実際に「無駄な努力だったな〜」って事もありました。

へんにお客さんに期待させてしまったりね。



でもね。。。。




無駄じゃないときもアルんだな〜・・・・コレが。




実際に、松本さんはまたお店に来るようになりましたよ。

アタシの担当のお客さんじゃなかったので、売り上げは同伴した時以外は入ってきませんでしたがね、

ま、それがヘルプの仕事、っちゅー事で。




基本、ホステスがする事はね、

「全部裏がある」って思ってもらっていいと思う。(ズバリ)

極端に言うなら「全部はお店に来てもらうため」もしくは「全部売り上げ」と。


「プライベートで仲がいい」っていくら言っても、

それでもやっぱり「お客とホステス」っていう壁があると思うし。




あぁ、すみません。辛口になり過ぎてしまいました。。。。




今回の相談の場合、

MちゃんがHiroshiさんに「H姐さんが嫌い」と言っている、というのが最大の疑問ですよね。

それが無かったら、

「たぶん、Hiroshiさんがお店にまた来てくれる可能性を信じている営業なのでは?」

と言えると思いますが・・・・。

その1点が私的にも謎なので、「よく分からないな〜・・・」としか言えません。



力になれてないですね・・・・。


ごめんなさいm(_ _;)m






それでも、Mちゃんと店外したりするのが心苦しい、と言うのであれば

お店以外でMちゃんにお金を使ってあげたらいいんじゃないでしょうか?


Hiroshiさんが言う「心苦しい」っていうのは、きっと

「お店でお金を使って、Mちゃんに協力できるわけじゃないのに・・・」

っていうのが少なからずあると思うんです。



だったら、お店で着るスーツをプレゼントしてあげるとか、

美味しいご飯を食べさせてあげるとか、

そんな方法でMちゃんに還元してあげればいいんじゃないでしょうか?


そんでもって、HiroshiさんがMちゃんを口説きたいのであれば、ガンガン口説く。






ダメかなぁ???





***********************************




よく言われている事だけど、

「もう2度と来ない」というお客さんはかなり高い確率でまた来店します。


「いや、俺は2度と行ってないぞ」という声が沢山聞こえそうですが・・・・。



現場で見ている限り、そう言うお客さんはまたお店に来てました。



本当に来ないお客さんっていうのは、何も言わずに来なくなります。

お店側としては、何も言わないお客様のほうが怖かったりします。




ホステスをしていたら「もう2度と来ない」という決別宣言は少なからず経験します。

最初は焦りますがね、


まぁ、変な言い方ですが・・・・慣れます。




そんでもって、ホステスってのは、

そーゆー時の対処の方法を知っています。



ここではその方法は書きませんが、ちゃんと戻ってきますよ>お客さん。


posted by エリザベス at 23:18| Comment(1) | TrackBack(0) | エリ様に訊け! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

エリ様に訊け!「同伴の心得〜男性編〜」


今日は久しぶりに昔のお客様とご飯を食べに行ったのだ。

美味しい日本酒で酔っ払ってるエリザベスです。


酔っ払ったまま行っちゃえ!「エリ様に訊け!」


(※「エリ様に訊け!」のご相談は先着順です。まだ相談が記事になってない方、もうちょっと待っててちょんまげ)





今日の相談は、前の「同伴の心得」という記事を読んだKEIさんから。

以下コピペ。


>今度は客の立場から聞きたいんですが、
>指名している女の子に好かれる同伴講座を教えてください。
>同伴で彼女に好意をもたれるには、
>どんな事に気をつけたらいいか、
>どんな事をしたら嫌われないか、
>教えてください!是非、記事にしてください。





おぉ。今回は、お客さんの立場からですか。。。。




どーやったら同伴で女の子に気に入られるか・・・・。




極端な答えをお教えしましょうか・・・・???





ズバリ!!!




女の子が一番喜ぶ同伴は・・・・・












店前同伴!!!








冗談じゃないですよ?ww


女の子から一番有難がられるのは店前同伴です。まじ。

前も記事にしましたね。(ココココ


私が現役ホステスの時、一番有難かった同伴は店前同伴でした。


美味しい晩御飯が食べられなくても何のその。

出勤前にいつもよりゆっくりできる時間がある方が、何よりも嬉しかったなぁ・・・・。







あ〜・・・・



これじゃあ、相談の答えになってないですよね〜・・・・。







【女の子から好かれる同伴】かぁ・・・・。


なんだろ?





まずね。




●女の子から「ご飯食べよう」と誘われたら、必ず同伴すること。




たまに居るんですよね。

「ご飯食べようよ」って誘われたから、ご飯だけ、ってヤツ。




ば〜か  ば〜か  ふざけんな



「やった!お店に行かなくて済む!!」なんて思っちゃってる馬鹿!!!



ホステスの「ご飯=同伴」である。





たとえ、女の子の方から

「同伴なんて言ってないから、お店に来なくても大丈夫だよ」

って言われたとしても!!



ちゃんと同伴してあげてください!!!!



OK????






同伴中はねぇ・・・。




男性は特に気をつけることは無いと思うんですけどねぇ。。。

別に、待ち合わせに遅刻してもいいと思うし。(だってお金払うのは男性だし)










あぁ!!思いついた!!!!





●あまりに早い時間からホステスを誘わないこと!!!





なるべく長い時間会いたい!って思う気持ちは分かりますけど、

あまりに早い時間から同伴の約束を入れられても、女の子は嫌がりまっせ。

目安は【入店時間前の1時間半〜2時間前】ですかね。





次に、

●女の子の好きなモノを注文してあげる(ケチらない)!!!



「なんでも好きなもの頼みな」の一言が欲しいな〜。。。。

ケチったりしちゃ絶対ダメ。


そして、

同伴中は、女の子になるべく「仕事中」ということを忘れさせてあげましょう。

貴方の飲み物が無くなったからと言って、「女の子が気をきかせて頼んでくれる」なんて思わないで。
逆に、貴方のほうが女の子のドリンクに気を配ってあげられるようになって!!!




そして、注文したものを女の子が食べきれなかったとしても責めないで!!!


「無理して食べなくていいよ。残しな。」


と言えるくらいになりましょう。






そして。

会計時は、気持ちよく、何も言わずに会計しましょう。







最後に何より大事な事・・・・それは・・・・





女の子を遅刻させないこと!!!!!!






ちゃんと、同伴入店の時間を確かめて、

女の子を遅刻させないように男性の方から気をつけてあげて下さい!!



いくら、それまでの印象が良くても、

同伴で遅刻にさせられてしまったら、女の子からの印象はガタ落ちです。





「今日、お店休んで俺とずっと過ごそうよ」的発言をする方は死んで下さい(笑)
posted by エリザベス at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | エリ様に訊け! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関係ないから



はぁ・・・


もうアタシはお店を辞めた人間なんだからさぁ・・・



お店で何かあるたびにいちいち情報が入ってくるのがウザイ。



もうアタシはお店とは何も関係ない人間なんだってばっっ!!!



どいつもこいつも、ご親切のつもりなのか、

聞きたくも無い情報をアタシに教えてきてくれるわ。



辞めた店がどーなろうが知ったこっちゃない。



たとえお店が閉まるとしてもね。
posted by エリザベス at 09:47| Comment(8) | TrackBack(1) | 元ホステスの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

エリ様に訊け!「連絡の頻度」

当初はお客さんの立場の男性の駆け込み寺的コンセプトで始めようかと思っていましたが、

男性だけでなく、働く側の女の子からも相談がよせられているので、

ちょっと嬉しいエリザベスです。


今日も始めよう「エリ様に訊け!」




今回は、としみつさんからのご相談。以下コピペ。


>水商売の女の子には、
>メールや電話連絡はどのくらいのペースでしたらいいんでしょうか?

>前、連絡しすぎて嫌われたお客の話が日記に書いてありました。
>私もよくそれで失敗したんですが、
>どのくらいのペースで連絡はしたらいいんでしょうか?
>女の子と連絡先を交換するのに、
>あんまり連絡してくるなとは矛盾しているような気がします。

>どのくらいのペースで、
>どんな時にメールしたらよいかレクチャー頂ければと願います!





・・・・確かに(笑)

女の子の方から連絡先を聞いたりするのに、

お客さんから電話がかかってくるのがウザイ!とか言うのは矛盾してますよね(;・∀・)




そこらへんのホステスの心理をグサッとサクッと言っちゃいましょ〜う!



お客さんとの連絡先交換は、

たとえそれが女の子の方から聞いてきたとしても、お客さんの方から聞いたとしても、

それは仕事の一環でしかありません

ある意味、水割りを作るのと同じレベルだと考えてもらってもいいかもしれません。


だから女の子の連絡先をGETしたと言っても、

それは女の子との距離が特に縮まった、というわけではないと思います。




私が

「あ、この人素敵だな」とか

「この人分かってるな」

と思ったお客さんは、決して自分から頻繁に電話をかけてくる人ではありませんでした。




そこで、アタシがとしみつさん、そしてとしみつさんと同様の悩みを抱えている読者の方にするアドバイスは・・・・



自分から連絡するべからず!!!



この一言に尽きます。


そして、特に声を大にして言いたいことは・・・・



電話番号を交換した翌日には絶対に電話するな!!!


って事。



お酒も入っていい気持ちになり、そのままイイ雰囲気の中、連絡先交換できたからと言って

翌日に自分から女の子に連絡するのはダメ!!!

翌日は、女の子から連絡させましょう。


たまに、連絡先を交換した翌日すぐに連絡してくるお客さんがいらっしゃいました。

なんだか、その方のテンションが上がっているのは分かるのですが(汗)、

「そんなにガッツかなくても、こっちから連絡するってば!!」

って、私は思ってました・・・・(正直者でスミマセン・・)。




そんでもって、



連日の電話、もしくはメールは(≧◇≦)乂ダメダメッ!



いくら通話時間が短かろうが、「おはよう」だけのメールだろうが、

それは逆効果以外のナニモノでもありません。



「○○さん、あれから毎日電話かけてくるんだけど〜」
「えー!まじで?! 毎日なの?!」
「そう、毎日。しかも何の用もないのに電話してくるんだよ」
「は〜・・・。それ、痛いね」
「電話がかかってくる度にタメ息出るし」
「わかるー!!(笑)」


「△△さんね、毎日メールしてくるんだよ」
「うっそ。どんなメールなん?」
「ほら、これ。見てみて」
「“おはよ〜。昨日はよく眠れた?”
 “今日のランチは蕎麦だったよ〜”だって〜。あはは」
「誰もあなたのランチが何だったかなんて興味ないって感じ(笑)」
「だよね〜(笑) きも〜い!!」



え〜・・・ ↑こんな女の子同士の会話、よく耳にします(笑)








「それでもどーしても女の子に連絡取りたい!!」という方。




メールはまぁ、ギリギリ3〜4日に1通でもいいとしましょう。

でも、女の子から返事が来たからと言って、「待ってました〜!!」とばかりにすぐに返信するのは、ちょっとガッついてる感がして引いちゃうかも。。。

あくまでも、余裕を持って。





そんでもって、電話は


「今日、お店に行くと思う〜」という来店予約か

「ご飯食べて同伴しよっか」という同伴のお誘い



この2つだけがいいと思います。

この来店予約と同伴の誘いは、メールでも事足りますが、

この2つは、ここぞとばかりに電話してもいいと思います(笑)







う〜ん・・・・ つらいですね〜。。。。

「えー!!!そんだけ?!」って思っちゃいますよね〜。。。。



でもね。

「女の子に好感を持たれるためには・・・??」で考えたら、この結論になります。







一番嫌われるのはね。



店にも来ないのに電話やメールがしつこい人!!!




もうね。これはね。

マジでうんざり。

その上、店外デートばっかり誘ってくる人とかは話になんない。





要はさ、

お店に来る頻度だと思うわけ。




それなりにお店に来てくれるんだったら、

電話やメールの回数が増えてもいいと思う。

(だからって恩着せがましく「俺、通ってやってるんだから電話ぐらい毎日いいだろ」ってのはもっとダメだけど)







それでもやっぱり、


ガッついてなくて、落ち着いて、ドッシリと構えている人


ってのが、好感度大だと思うな〜。





え??


「それじゃあ、女の子落とせないじゃん」って?




大丈夫。

安心して。





貴方のことを素敵だな、って思ってたら、自然と女の子の方から電話もメールもして来ますよ!!



ガッついて必死な人には、女の子は惹かれません!




夜の街でモテる男性は言います。

「昔は女のケツばっかり追いかけてたけど、
 
 そのうち、もう落ち着いて口説かなくなるんだよな。

 そーすると、今まで全然モテなかったのが

 逆に女の子の方から寄ってくるようになるんだよな〜、

 不思議なことに(笑)。

 やっぱり、追われてたら女ってのは逃げるんだろうね〜」


と。




**********************************



ちーなーみーにー・・・・



アタシが今まで付き合ってきた方たち、

今現在付き合っている男性も、

もともとはお客さんだったけど、

全然自分から連絡してくる人じゃなかったなぁ・・・。


posted by エリザベス at 02:53| Comment(9) | TrackBack(1) | エリ様に訊け! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

エリ様に訊け!「ヘルプに徹する?」

解答がなかなか追いついていません(;・∀・)

頑張れ、あたし。

さぁ、ペースアップでGO「エリ様に訊け!」



今日の相談はみゆみゆちゃん。


>はじめまして。
>学生兼ホステス1ヶ月のみゆみゆと言います。
>ヘルプに徹するか、同伴、アフターして貢献して時給アップ狙っていくか、未だに迷ってます。
>えりさんは、週に何日位出勤されてましたか?
>えりさんは、どのようなスタンスで働かれていたか教えて頂けますか?
>よろしくお願いします。




・・・とのこと。




ヘルプに徹するか、時給UPを狙うか・・・・かぁ。


これって、お店の給与システムによりますよね。

同伴、アフターで時給UPが見込めるってことは、みゆみゆちゃんのお店ははポイント制なのかな?




アタシの場合、でしかお話はできないけどいいかな?



私が働いていたお店は、ポイント制(スライド制とも言うのかな?)・指名制でもなかったから、時給UPは見込めなかったのね。

時給UPするのは、もう1年に1回あればいい感じで。
そこはもう、大ママのさじ加減一つ。

とにかくうちのお店は永久指名制で、自分担当のお客さんの売り上げの数パーセントが「売り上げバック」として基本給にプラスされる感じ。

だから担当のお客さんを増やすしか給料の増やし方がなかったんですよ(あ、同伴バックとかはあります)。



ただ、うちのお店にはちょっと変わったところがあって。

担当じゃないお客さんでも同伴さえしたら、その日のみ、同伴したお客さんが落とした売り上げの半分を自分の売り上げとしてカウントできたんです。


だから

アタシは、自分担当のお客さんを増やすかたわら、

先輩姐さん担当のお客さんとでも同伴しようと頑張った。

つまり、ヘルプ業をこなしてきた、って事。




そんでもって特筆すべきは、ヘルプの大どんでん返しワザ。

昔、ココの記事でもちょっと書いたけど、

ヘルプを頑張ると、担当の女の子が何らかの理由でお店を辞めた時に、

担当がなくなったお客さんを根こそぎGETできたりしちゃう。




アタシの場合は、「ヘルプに徹する」とか「とにかく自分のお客さんさえ増えればいい!」という風に、どちらか一方に狙いを定めてたわけじゃなくて

自分のお客さんを増やしながらも、他の女の子(先輩/後輩ホステス関係なく)のヘルプも両方やってた気がします。

自分で言うのもへんだけど、上手い具合に両方出来てたから順調に売り上げを伸ばせてたんじゃないかな〜。。。




自分のお客さんを増やすことのみに集中しちゃうと、きっと、すぐ壁にぶつかっちゃうと思うな。

いくら自分のお客さんだからと言って、

全部が全部自分ひとりで頑張ろうとしてたら、いつか必ずキツくなると思う。限界を感じると思うのね。

自分のお客さんが増えてきたら、ヘルプの存在の必要性もきっと感じると思う。

そーゆー時、自分がそれまで誰かのヘルプをして誰かの協力をしていたら、

自分がヘルプの協力が欲しいときに、誰かが助けてくれるようになる。

『持ちつもたれつ』ってヤツ。



かと言って、ヘルプ業にばっかり徹しているのは効率が悪い。

上に書いたような、ヘルプの大どんでん返しを狙うのは分かるけど、

いつ誰がお店を辞めるかなんて分かんないしね。



ま、それでも優先順位をつけるとしたら


1 自分担当のお客さんを増やす

2 ヘルプも頑張る


って感じかな。





あ、それから・・・



私の出勤日数なんですが・・・・基本的に週3日でした。

辞める前の3ヶ月ぐらいは週1日でしたが・・・汗




****************************



ヘルプって本当に難しいんですよね〜・・・。



腹黒い(頭がいいとも言う)女の子は、一人の姐さんに狙いをつけて

姐さんの従順なヘルプを演じて、姐さんのほぼ全員のお客さんと仲良くなったと思ったら、

お店を辞めて、

姐さんのお客さんをごっそり持っていっちゃっう子とかも居ましたね〜。



ま、そんなことはクラブでは日常茶飯事なんだけど。

posted by エリザベス at 17:28| Comment(2) | TrackBack(2) | エリ様に訊け! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

エリ様に訊け!「ヘルプ嬢と店外2回・・・」

じゃんじゃん行っちゃおーーー!!

「エリ様に訊け!」



次の相談者は、なかなか浮気癖が抜けないkohさんです(笑)

(怒んないでねww>kohさん)


ご相談は以下の通り。


>さて本日、
>以前一度ヘルプでついただけの女の子と2回目の店外、
>今日も楽しんでくれたように見えましたが、手を出す隙は見えません。
>でも、次もあると言っています。
>これって脈ありでしょうか?(基本に忠実www)





サクっといっちゃいましょうかね。




【可能性1】

ただ単にkohさんと居るのが面白いから店外OK。でも、その気はない。


自分の担当のお客さんじゃなくても、「この人なら変な気起こさないでしょー。大丈夫大丈夫」と思われてるのかもしれません。



【可能性2】

その女の子がすごーーーく野心家で、kohさんにどーしても自分に指名替えして欲しい。


売り上げの為なら店外だってへっちゃら!!!って感じの子かもしれません。



【可能性3】

kohさんの事が、ちょっと気になってる。

だけどまだ自分の気持ちが分からないから隙は見せられないのかもしれません。






可能性としては上の3つじゃないでしょうか。


ちなみに、上から順に可能性が高いと思われます。





アタシは、店外してたんですけどね。

新人の頃はお客さん欲しいし、比較的頻繁にしてました。

でも慣れてきてからは上手く流してたかな。きついっちゅーねん。


でも、店外するにしても

基本的には自分の担当のお客さんのみ、でしたけど。

全部自分の売り上げの為。



kohさんの例のように

自分の担当以外のお客さん(=自分の成績に繋がらないお客さん)とも、店外デートしたことあります。(同じ人と複数回したこともアリ)

その時の理由はねぇ。。。。


○一緒に居て純粋に面白くて楽だから。
○この人には絶対に恋愛感情を持たない、という確信があったから。
○同様に、恋愛感情を抱かれないだろうな、という確信があったから。




・・・ちょっと、kohさん的にグッサリ来る回答だったかしら?


もちろん、こーゆーデートの時は、一瞬たりとも隙なんか見せませんよ?(笑)





まぁ・・・


今回の場合、

脈があるかないか、で聞かれたら・・・・・



マダ無いと・・・思う




「次もあるよ」と言ってるそうですが、

口からデマカセなんて、いくらだって言えちゃいます。

「次」を来させなければイイだけですから。





3回目の店外デートが成功して、少しでも隙を見せてくれた時は、また相談してくださいm(._.)m




それまでは、場内指名をしてあげるとか、ドリンクを飲ませてあげる、などで男っぷりを見せてあげましょう。


U゚∀゚Uアヒャ!!
posted by エリザベス at 00:57| Comment(4) | TrackBack(0) | エリ様に訊け! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

エリ様に訊け!「同伴の心得」

はいどうもー。

今日も学校行って疲れてますが、いってみよー。

やってみよー。


「エリ様に訊け!」



今日の相談者は、レイちゃん。

最近、ホステスのバイトを始めたレイちゃん。


>エリ様に質問です。
>初心者としての立場からの同伴の仕方はありますか?
>そもそも同伴の時のマナーがわかりません・・・。
>宜しければ教えてくださいませ。




・・・とのこと。


同伴の心得、ですね。


なんだろうな〜。。。

同伴のときのマナーかぁ・・・・。

無意識でしてたから、いざ考えてみると難しいなぁ。。。。



【まずは同伴前の準備として。。。。】



まず、待ち合わせ時間の設定からですかね。

わざわざご飯を食べさせていただくのに、自分から時間を決めてしまっていいのか悩んじゃうかもしれませんが・・・

これ、結構、重要。




私も水商売を始めて間もないころは、なんだか気が引けてしまって

「何時でもいいですよ〜。 ○○さんに合わせます」

とか言ってました。

ところがどっこい。

同伴出勤の時間が20時30分だというのに、

お客さんが指定した時間は【17時】?!?! 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

3時間半も何を話せっちゅーねんっっ!!!


・・・・みたいな事がよくありまして。


もうね、お店着く前にグダグダ。

話すこと無くなるっちゅーねん。

店の中でも一人のお客さんと3時間半ずーーーーっと話すことなんて滅多に無いわ!

疲れ果てちゃって、もう一仕事終えた感じ。

しかも、同伴手当ては付くものの、時間給は付かないわけじゃん?マジ勘弁。



みたいな。



こんな事態を避けるために、アタシは結構自分で時間を決めてました。



同伴と言っても、こちとらイロイロ準備ってもんがあるじゃん。

待ち合わせ時間に合わせて、ホステスは先に美容室に行かなきゃいけないからね。しかも、美容室の所要時間約1時間。

美容室までの移動時間、美容室での所要時間、待ち合わせ場所までの移動時間、そーゆーの全部ひっくるめて時間を逆算しなきゃいけないからね。

なので、結構、強気で時間指定してました(笑)



いや、だいたいね、

ぶっちゃけ食事なんて1時間半もあれば終わっちゃうわけ。

2時間も3時間もかかるフランス料理フルコースとか料亭フルコース、とかなら話はまた別だけど(つーか、そんなに時間がかかるのなんて行きたくねーw)

普通に食事して、ちょっとゆっくりお話しするだけなんだから、1時間半もあれば十分。

ちょっと時間のロスを考慮して+30分としても2時間もあればOK


お鮨(スシ)同伴なんか、1時間あればもう満腹ですよ。
(早く食べ終わるから、お鮨って同伴にもって来いなんですよねw アタシも長い時間同伴するのがイヤで毎回の様にお鮨をリクエストしてた時期がありましたww)




よーするに!

待ち合わせ時間は、同伴出勤の時間マイナス2時間ぐらいを目安にしてください(^▽^)

じゃなきゃ、痛い目に合っちゃうよ・・・・(笑)




次に、気をつける点は、ロケーション



お店に近ければ近いほうが(・∀・)イイ!!



この一言に尽きます。

なるべくならお店に歩いていける場所。


これはね、“遅刻しないようにする為”。


折角同伴しても、遅刻しちゃったら元も子も無いので(同伴しても遅刻の場合、ただの遅刻になるお店が多いんじゃないかな?)。


同伴してくれるのは嬉しいんだけど、あんまりお店から遠いとイヤだよね。
お店への移動中、渋滞とかに巻き込まれちゃって遅刻しちゃう、とかよく聞きますし。

同伴したのに遅刻した時の、あの無念さったらね〜・・・もうね〜・・・・最悪だから、まじで。






【次に待ち合わせの心得ですかね。。。。】


えー・・・・一つだけ。


遅刻しない。



これ鉄則。

絶対待たせちゃダメ。

基本10分前行動でお願いします<(_ _)>




【次にお食事中の心得。。。。】


食事中は、普通にマナーよくお食事できたらいいんじゃないかな?


最低限の気配りはいるけど(ビールのお酌とかね)、

あんまり甲斐甲斐しくお店での接客のようにされたら嫌がる方が多かったような気がします。

タバコの火も点ける必要はないと思います。


マナー良く、上品に。



お会計の時は、(私の場合しか言えませんが)

お客さんがレジでお会計してる間、お客さんの横でジ〜 (・_・|っと待ってちゃダメですよ。

一人で先に外に出て待っておきます。

そして、お客さんが会計が終わってお店から出てこられたら、キチンと「ごちこうさまでした」と言う。

ポイントは、お店の中で「ごちそうさま」と言わないこと。

外で言いましょう。





【同伴が終わった後の心得。。。】


やっと同伴も終わり、お店に着いたからって気がぬけません。

お店でお客さんにドリンクを頂いて乾杯をする際に

「先ほどはご馳走様でした」

と一言加えて下さい。



そして、お客さんがお店を出られる際、

お見送りの時にも、「ありがとうございました〜」だけじゃなくて

「今日は、おご馳走様でした。ありがとうございました」

と、ここでも一言付け加えてあげて下さい。


翌日のお礼の電話も忘れずに、ね(ё。-)・・☆






・・・・とまぁ、こんなものかな??



とにかく、同伴ってのは時間との戦い

時間にだけはよ〜〜〜く気を付けてね。

同伴慣れしてる方なんかは、時間配分なんかもちゃんと考えてくれますが、自分でもちゃんと時間は見ておきましょう。


食事中、お客さんがトイレに立った隙に、お店の人に

「8時15分には出たいんで、それまでに終わるようにして下さい」

とコッソリ言うのも効果的。




頑張って沢山同伴してねっっ!!






*************************************


同伴ってね、すっげー気ぃ使うんだよね。

確かに、おいしい物食べれるのは嬉しいんだけど、やっぱり気は抜けないじゃないですか。



あと、アタシなんかが気を使ってたのは、服装

お店の中で着るドレスやスーツなんかで同伴は絶対しない、ってのはモチロンだけど、

そのお客さんの好みに合わせた格好で行くようにしてました。

ほら、よくあるじゃん?

オネエ系とか、お嬢様系とか。

普通の大学生っぽいのが好きなお客さんの時には、大学生風、みたいな、ね?



posted by エリザベス at 20:46| Comment(4) | TrackBack(0) | エリ様に訊け! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エリ様に訊け!「トイレに立って・・・」


なんだかビックリなくらい反響がいい

勢い&ノリ企画「エリ様に訊け!」


今日もイってみよー!



今日1発目の相談者は、湯川さん。

相談内容は以下コピペ。


>前お店行った時、
>指名している嬢が「トイレに行ってくる」と言って席を立ったが
>ようく見ると指名が重なっているわけでもないのに
>他の席のお客に話かけに行ってた。さすがにそれには引いた。
>指名変えようか悩んでる。
>これって僕が心せまいですかね?
>それとも、彼女がひどいことしてますか?



さらに追記でコピペ。


>付け回しに呼ばれたのではなく
>本人から「トイレに行く」と自発的に行って席を立ちました。
>ちゃんとトイレ行ったかは、そこまでは見てませんでした。
>ただ、帰ってくる時にニコニコしていて、
>他の席の所に行ったのでビックリしました。
>もちろん数分で帰ってきました。エリ様ご意見の方お願いします!





あ〜、こーゆーのって、実は、よくあります。

よくあるね、うん。



付回しに呼ばれたにしろ、自発的にトイレに立ったにしろ、

席を離れて店内を歩いてる時に、他のお客様と少し会話をするのは結構アル。




自ら声をかけなくても、店内を歩いてる時に、ふと別のお客様と目が合って“ちょっとおいでおいで”と手招きされたりするんですよね。


さすがに無視するわけにもいかないじゃないですか。


そーゆー時は、少しだけそのお客様と言葉を交わしてました。

でも、やっぱり“少しだけ”ね。

「ごめんなさい。後で来るから、もうちょっと待っててね」と言って、サラリと去って行きます。





たーだーし!!!



ココで強調すべきポイントは“少し”

決して、間違っても席に座ったりはしません。


通りすがりに

「いらっしゃいませ〜。お久しぶりじゃないですか〜。後で席に呼んでね☆彡」

ぐらい。


そんでもって、このくらいの「ご挨拶」なら、店内を歩いている最中、ご贔屓のお客様を見つけたら自発的にします。

つーか、アタシはしてました。



でもここで強調したいのは「ご挨拶」ってだけ。



担当のお客様が何組も重なっちゃった時なんかは、

「どーする?どの席から行く?とりあえず、1番テーブルに行っとく?行く前に5番と7番、挨拶だけしとく?」

みたいなヤリトリを店長としたり、

店長やママと話し合わなくても、自らの判断で「とりあえず、一言だけお声をかける」っていうのはしてました。



でもでも!!



ただ単に、挨拶する為だけに席を立ったりはしません!!!!


↑これ強調ね。

ご挨拶をするのは、何らかの理由(付回しに呼ばれた、トイレ、電話など)で席を離れて店内を歩いている最中のみ。

あくまでも、短く、軽く、スマートに。

ご挨拶のためだけに、わざわざテーブルにお客さんを残したりはしません。





んでもって・・・・





今回の湯川さんのケースでは、

女の子が「トイレに行く」ということで席を離れたらしい。



私、「トイレに行く」に関しては、気を使ってました。

どーゆーことかと言いますと・・・



「トイレに行く」と言って、トイレまでに移動してる間に、上記のようにお客さんに声をかけられたくなかったんです。

それはやっぱり、席に待たせているお客さんの目がある、っていうのが理由。

「トイレに行ったんじゃなかったのかよ」って思われても仕方ありませんからね。



私の場合、

「トイレに行く」と言って席を立った時、なるべく他のお客様と目が合わないように、軽く下を向いて足早に移動していました。
「トイレに行きたくてしょーがないのよ!!」とジェスチャーで伝えるように(笑)




だから、今回の湯川さんのオキニ嬢は、ちょっと油断しちゃったのかな、と思います。



ただ、「トイレに行く」と言って、

結局トイレに行ってなかった、って事だったら話は別ですが・・・・


ま、今回は「本当にトイレに行っていた」という事にしておきましょうかね(笑)






でもまぁ、数分で戻ってきたなのら、いいじゃないですか!!!

一人でも多くのお客さんを掴んで、そして相手をする事が彼女のお仕事なんだから。


もし、逆の立場として、

オキニ嬢が先に来店してたお客の席にいて、トイレに立った時、

お互いに気が付いているのに(しかも自分はかなり視線を送ってたりしててさ)

無視されちゃったりしたら悲しいでしょ?



そのぐらい許してあげましょうよ(^▽^)

今回は、オキニ嬢の不注意、ということで。





広い心で、ね?








*******************************


店内を歩いてるとき、かなりツーンとした態度で歩く女の子とかたまに居るじゃないですか。

ツッケンドンな感じで。

アタシ、あーゆーの苦手だったな。

席に付いた途端に、かなり営業スマイル振り撒くんだけど、なんだか、それも、ちょっと・・・ね。


どこで誰が見てるか分からないですしね。



ニコニコしながらお客さんと軽く会釈をしながら店内を歩く。



ただ歩いてるだけなんだけど、評価が全然違ってくるんだよな、これが。
posted by エリザベス at 00:49| Comment(2) | TrackBack(0) | エリ様に訊け! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

相談受け付けマス


あー。。。なんかアタシ、また相談されちゃってる?

されちゃってるよね?



つーわけで。



なんだか(勝手に決め付けちゃいますが)

まだ始まってない新企画「エリ様に訊け!」

反響もまあまあみたいなので

新しくカテゴリーを設けて不定期ものとして始めたいと思いマッスル。




相談に対する答えは、勝手ながら記事にしちゃいますが、

そこらへんはご了承くださいませ。



ご相談は、コメント欄でもelizabethandkaren@yahoo.co.jpこちらのアドレスにでも

どちらにでもAny Time WELCOME☆彡



「あ、これは“エリ様に訊け”だな」

私が判断したものは、記事にしてお答えします。



「これは記事にして欲しくないな」と思うものがありましたら、

その旨を、本文中に書いてください。

posted by エリザベス at 01:27| Comment(9) | TrackBack(0) | エリ様に訊け! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

相談されちった☆お水デビューを控えて

今日もシリーズ「派遣コンパニオンC」を書こうと思ってたんですが、

大学1年生の「えみちゃん」から

コメント欄とメールで

なんだか、緊急を要する相談をうけたので、

今日は派遣シリーズはお休み、っつーことで。



勝手に記事に替えて、答えとさせていただきます>えみちゃん




で。


質問の内容はと言うとね、



大学1年生のえみちゃん。

水商売を始めようとしているらしい。


(以下 コピペ)

>以前から勧誘をよくされていたので、

>川崎でホステスをやってみようと思っています。

>けど、はじめてなので何も分からず、

>とりあえず今週の金曜日に面接と一日体験入店をする予定なのですが、

>当日、身分を証明する、パスポートか、免許証、または学生証と高校のときの卒業アルバムを持ってくるように言われました。

>なんだか、まだそうゆうお店は怖いイメージがあって、

>そんな情報を知られたらなにか悪用されるのでは?と不安です。

>できたら、そのようなことについて色々教えていただきたいのですが。

>よろしくお願いします!




とのこと。



コメント欄で、Kohさんもレスされてた通り、

年齢確認はかなり神経質にされると思います。



ただ、悪用されるようなことはナイと思います。

そのような話は、今まで聞いたことありません。

悪用されるのでは?という心配は無用じゃないかな?




身分証明書を持って行くのは、どのお店でも必須です。



逆に、身分証明書の提示を要求してこないお店のほうが怪しい、とも言えます。



どのお店も18歳未満の女の子が年齢詐称で働くことに血眼になっています。

見つかったら営業停止になってしまいますからね。


とくに、えみちゃんの様に、大学1年生っていうのは、

水商売で働ける18歳(もしくは19歳)のギリギリラインですから、

お店側も慎重になるんだと思います。



だから、保険証ではなくて、顔写真入りの身分証明書なんです。




ただ、「学生証と高校のときの卒業アルバム」ってのは始めて聞きましたΣ(゚Д゚)

最近では、そんなセットで身分証明のかわりになってるんでしょうか・・・??

大学名とか高校名は、別にお店の人に教える必要がないから、

このセットは止めといたほうがイイと思うなぁ・・・。




一番、懸命なのは「パスポート」じゃないかな?

私もパスポートを見せた記憶があります。

それだったら、名前と顔写真と生年月日の最低限の情報が教えられるから。


免許書でもいいと思うんだけど、

住所とか本籍とか、必要じゃない情報まで見られてしまうし。




でもでも。



もう一度言いますが、

個人情報が悪用された、なんて話は聞いたことはないので、

そんなに神経質にならなくてもいいと思います。



まだ、夜のお店に怖いイメージがある、とのことですが、

そんなにビクビクするものでもないですよ(^ー^)ノ

お昼のお仕事でも怖い場面は沢山あると思うし、「夜だから」と言って特に構える必要はないと思います。






**********************************



いやぁ〜。

今構想を練っている新企画「エリ様に訊け!」の変化バージョンとでも言いましょうか(笑)



がんばってほしいものです。



不安でいっぱいだと思うんですよ。

だって、まだ大学1年生じゃないですか。

文面からも、なんだか可愛らしい世間擦れしてない感じが伝わってきますし。

お水デビューして素敵な女性になってほしいなぁ☆彡
posted by エリザベス at 20:45| Comment(4) | TrackBack(0) | エリ様に訊け! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

派遣コンパニオンB

一般的に、派遣コンパニオンってのは

「お客さんを持っていない」モノ。



毎回のように違うお店に行くんだから、言うなれば「毎回がニューフェイス(新人)」

お客さんと会うのもその場限り。

お客さんと仲良くなって、お店に通ってもらう必要がないんだからね。

そこが派遣の気楽でいいとこ。



そんな派遣コンパニオン。

たまに居るんだな、すごいヤツが。

そんな女の子をアタシは“スーパー派遣”と呼ぶ。



スーパー派遣は、得てして「専属」になっている場合が多い。

それはやっぱり何度も言うけど『使える(・∀・)イイ!!』から。




お喋りがうまいのは、もう大前提。

そして、【派遣としての役割】

きっちり分かってる。





【派遣としての役割】・・・???

なんじゃそりゃ??

はて、その役割って何ぞや?と。


それはまた次回、ということで(また引っ張るwww)




さて話は戻って。



○話がうまい
○気配りができる
○派遣の役割を心得ている



などなど。



こんなのは、ハッキリ言って出来て当たり前。






じゃあ、なぜアタシが彼女達を“スーパー派遣”と呼ぶのか。





もう1回言うけど、



一般的に、派遣コンパニオンってのは

「お客さんを持っていない」モノ。





何がすごいって、スーパーコンパニオン。


自分のお客さんを持っている。





ぶっちゃけね、

派遣なんて、マジでお客を掴む必要がないわけよ。

わざわざ面倒臭いことして、お客さんと連絡取ったりする必要ないわけですよ。

お客もってても、彼女たちに「指名バック」とか「売り上げバック」なんて入らないんだからさ。



なのに、彼女達は、彼女達のお客さんを持っている。



これが、スーパー派遣のスーパーなる所以。




スーパー派遣は基本的に「専属」になる場合が多いから、

同じお店のお客さんと仲良くなる確率は高いっちゃー高い。



でもでも! ここからがすごい。



派遣先のお店が変わっても、お客さんを連れて行く!!!




こりゃもうある意味、どっかのクラブの古株姉ちゃん並。


クラブの姉ちゃんはなかなかお店を移動しないけど、

派遣コンパニオンなんだから、しょっちゅーお店を移動するわけでしょ?



頻繁にお店を移動するにも関わらず、

彼女達のお客さんは、それでも彼女達の派遣先に現れる。




いや〜・・・・ すごい。

一つのお店にずーっと居座ってても、指名の一つも取れない子だっているのにね。




お客さん持ってる上に、同伴までしちゃうスーパー派遣。



まぁ、そんな派遣コンパニオンは滅多に居ないけれども。

前も書いたけど、使える派遣は10人中1〜2人ぐらいで、

このスーパー派遣にいたっては、もうビックリするくらい珍しい。



お客持ってて同伴までするんなら、普通にどっかのお店のレギュラーとかになればいいのに、って思うんだけど、

やっぱり彼女達は「派遣コンパニオン」という規制が少ない立場がいいらしい。

ノルマも罰金もないしね。




私が見てきた派遣コンパニオンの中で、1番のヤリ手なスーパー派遣だったのが

私が働いていたお店の「専属派遣コンパニオン」だったアカネちゃん




私と同い年で水商売暦は私よりも長い。

水商売を始めたときは普通にレギュラーとして、とあるクラブで働いていたんだけど、そのうち派遣コンパニオンに。

アカネがうちのお店の専属で入った時から知ってるんだけど、

まぁ、本当にすばらしい!!!




よく話すわ、気配りはできるわ、

お店の先輩姐さん達の立て方は知ってるわ、

黒服とも仲良くするわ、

お客さんのウケもいいわ。


その上、自分のお客さんを店に連れてくるわ、

新しいお客さんと同伴するわ、

アフターだって行くわ。




もうね、パーフェクト。




アカネとは不思議なくらい気が合って、本当に仲良かった。

頭の回転が速いから、気持ちがいいくらい「あうん」の呼吸。

アカネと同じテーブルになると、もう怖いものナシだったなww

お客さんからも「お前ら二人組みは本当に馬鹿だな〜」なんて言われながら可愛がられたものです。



私が水商売を上がってから、アカネはうちのお店の専属を辞めた。







そんなアカネ嬢。。。。




どこで水商売の腕を買われたのかは知らないけど、

つい先日、【チーママ】として(雇われだけどね)お店を開いちゃった。





まさかの展開ですよ。

今まで普通の派遣コンパニオンだった子が、チーママになっちゃったんだからね。

でもそこはやっぱり、アカネの実力を買われたからだと思う。

だって、お客さん沢山抱えてたから。




以前からずっと、

「アタシは水商売で生きていく。 いつか必ず自分のお店を持つんだ」

って言ってたアカネ。

夢に確実に一歩近づいたみたいです。





今回はそんなスーパー派遣のお話でした。

次回は、派遣の役割についてお話したいと思います。
posted by エリザベス at 20:46| Comment(6) | TrackBack(2) | 元ホステスの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

派遣コンパニオンA

一言で派遣コンパニオンと言っても、実はレベルがある。



彼女達本人がレベル分けされている事実を知っているのかどーかは知らないけど、

彼女達(つまりは派遣会社)にお金を払うお店側はそのレベル別に女の子をオーダーします。

(「オーダーする」ってのは少し語弊があるかもしれませんが)




レベル別、と言っても、要は容姿




可愛いか可愛くないか、3つか4つぐらいのレベルに分けられています。

レベルが高い程、お店が払うお金が高くなる。

「使えるか使えないか」で、お店側が払う金額が変わるわけじゃなく、

結局は「可愛いか可愛くないか」で、金額が安くなったり高くなったりする。





「容姿のレベル」∝「店側が払う金額」(∝←「比例する」)








派遣会社は女の子の写真入リストをお店に配ったりするわけ。

お店側は、その写真を見て「この子呼んで」と一歩間違えればヘルスの写真指名みたいなことが出来る。
(まぁ、写真見なくても「〜クラス(←女の子のレベルね)の女の子2人お願い」とか言って女の子を呼ぶことの方が多かったかな)

アタシも実際にそのリストを見たことあるけど、ぶっちゃけ「まあまあ」な感じだったかな(^-^;
 


写真を見て「この子」と指名しても、そこはやっぱり派遣ちゃん。

毎日派遣の為にスタンバってる訳じゃないですからね(汗)

あくまでコンパニオンの都合に合わせるから「派遣」なのであって。







話がそれちゃいましたが・・・・






では、容姿が可愛い子のほうがお給料がいいのか、というとそうでもない。





「容姿のレベルが高い」≠「給料が高い」になる。





派遣コンパニオンの時給は、「派遣される店の種類」によって変動する。


基本的に、上から

●クラブ   +¥1000
●キャバクラ +¥500 
●スナック  ±¥0 

この3つに分かれているらしい。

横の数字は、スナックを基準とした時給の違い。
(あくまでも、「これぐらいらしい」としか言えませんが)





さて。


上記の「お店の種類」以外に、コンパニオンが時給を稼ぐ方法がある。


それは【専属派遣】ってヤツ。





派遣コンパニオンってのは、普通、毎回どのお店に飛ばされるのか分からない。


ただ

この【専属派遣】になると、そのコンパニオンがバイトができる日は必ず同じお店に入ることになる。

派遣コンパニオンなんだけれども、いつも同じお店で働く、というナントも奇妙なシステム。



まぁ、これも、

お店側が「この子を専属にしたい」という需要と

コンパニオン自身の「専属でもいいですよ」という供給

が合致しないと発生しないんですけどね。



この専属派遣システム。


女の子には「時給アップ」というメリット(逆にお店側が払うお金が少し高くなるんですが)

その他にも、毎回慣れたお店に行ける、顔見知りのお客さんができる、というメリットもある。


お店側にも、

派遣ではあるけれども「専属アルバイト」のようなポジションなのでお客様にも紹介しやすい、
お店のイロハを毎回説明しなくていい、

というようなメリットがある。





専属派遣になるような子は、やっぱり“使える”わけで。


派遣の子なんだけれども、いつの間にかお店の重要なメンバーの一人になっちゃう子も。



そんな子をアタシは『スーパー派遣』と勝手に命名してました(笑)




次回は、そんなスーパー派遣コンパニオンについて。。。。
posted by エリザベス at 16:32| Comment(8) | TrackBack(0) | 元ホステスの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

派遣コンパニオン@

派遣コンパニオン


この子達にどれだけ頭にきたことか・・・・。




銀座なんかじゃ、この「派遣コンパニオン」ってシステムはナイらしいですが

私が働いていた地域では、そりゃもう、この「派遣の女の子」で溢れてました。




詳しく説明するとしても、

もう、コンパニオンの派遣さん、としか説明のしようがないんですが(笑)



出勤の女の子(キャスト)の数が足りない時、お店側はこの「派遣コンパニオン」を呼びます。

派遣会社に「○人ください」と言って、

その会社から女の子がお店にお手伝いにくる。




ただ・・・


ただですね・・・



私の印象から言わせてもらえば、この「派遣の子」たち。



使えない子が多い!!!!!ヾ(*`Д´*)ノ"彡




全員が全員、使えない訳じゃないんですけどね。

派遣の子の中にも、10人中1〜2人は使える子も居ましたが・・・・



どーも、この「派遣登録システム」ってのが軽く思われがちの様で

気楽な気持ちで派遣コンパニオンをしている女の子が多い!!!



仕事もろくにできないのに、

綺麗な格好をして、お酒飲んでりゃいいってモンじゃねー!!!!




この派遣会社も派遣会社なんですよね。

水割り一つまともに作れない子を派遣してきやがる・・・( ゚Д゚)ポカーン

せめて水割りの正しい作り方ぐらい研修させてくれ・・・・_| ̄|○って感じの子も多々。







男性の読者のみなさん。


「私、お店に入ったばっかりでまだ名刺がないんですよ〜」

とか言ってる女の子、たまに居ませんでしたか?


なんとなく気に入った女の子を見つけたんだけど、

もう1度そのお店に行ったら、すでにその子は居なかった(もしくは、レギュラーの女の子ですら、その子の存在を忘れていた)、

という体験は過去にありませんでしたか?




そーゆー女の子は得てして「派遣さん」の場合が多いと思われます。

飲みなれてる方なんかは、レギュラーの女の子に

「あの子、派遣?」

と、わざわざチェックしてくるお客様もいました(笑)





そんな、派遣コンパニオンさんたち。



たかが派遣。 されど派遣。






今回から数回に分けてシリーズでお送りします。
posted by エリザベス at 18:20| Comment(5) | TrackBack(2) | 元ホステスの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お店ノート〜売り上げを伸ばせ!!〜

今回は前の記事でちょっと書いた

【お店ノート】について。




水商売を始めて、ちょっとお客さんが増えてきたな〜・・・って頃。




もっと売り上げを上げるにはどーしたらいいんだろう・・・??

って思って、無計画に始めたのが【お店ノート】。

(【お店ノート】って言っても、私が勝手に適当に名づけただけ)




「顧客ノート」ってのは、前からなんとなく聞いたことがあった。

本屋さんによく売ってる「お水本」なんかにも、よく書かれてた。


お客さんの名前、会社名、会社の住所・電話番号、携帯番号、誕生日、初めて来店された日、その時使った金額、支払い方法(請求書を会社に送るのかどうか)、趣味、家族構成、NGの女の子・・・・・・などなど


こーゆー情報を一覧表にまとめて書かれてあるのが、

どーやら「顧客ノート」って言うらしい。。。。







でもでも!!!!




そんな細々した面倒くさいノートを作るほどアタシは几帳面じゃねーーー!!!!


会社の住所・電話番号なんかは名刺に書いてあるし、誕生日は携帯メモリと一緒に入れてあるし、お店で使った金額は店に聞けば分かる。他の情報は、記憶できる。






そこで始めた【お店ノート】



小さいメモ帳サイズのどこにでも売られているノート。

それを、出勤のときは必ずお店に持っていきました。



営業時間中はもちろん使いません。

営業が終わった後、ノートを取り出します。



じゃあ、一体何を書いていたのか。




以下は、私のお店ノートを忠実に再現してみました。






***************************

2004年○○月○○日

赤ロングドレス


@ 泉さん ¥○○○○○
E 修ちゃん ¥○○○○○
B 今田さん ¥○○○○○○
@ 与一さん ¥○○○○○

計 ¥○○○○○○


A 木村 with東さん(ユウコ)  メガネ、エロ話
F 元木高志 3人 ゲーム バランタイン
B 井上さん with村上(チーママ) 要TEL!!



**************************




えー・・・まず上から。


日付

→これは必要やね。


その日着ていたもの

→ノートを見返したとき、結構役にたつ。前と被らないようにできる。


>@ 泉さん ¥○○○○○
>E 修ちゃん ¥○○○○○
>B 今田さん ¥○○○○○○
>@ 与一さん ¥○○○○○


→まずは、その日に来店した担当のお客さんを、来店順に書く。
@はテーブル番号。どこにお客さんが座っていたか。
その横にお客さんの名前(複数名の場合は代表者のみ)。
その横に、サービス料や税金を引いた分のお会計。つまり、純粋に自分の売り上げとして残る金額。


>計 ¥○○○○○○

→その日の自分の売り上げの合計額


それ以降のメモは、
自分の担当以外のお客様で、テーブルに付いたお客さんの情報。


A 木村 with東さん(ユウコ)  メガネ、エロ話
→木村さん。
 2番のボックスに座ってて、ユウコちゃん担当の東さんと一緒に来店。
 メガネをかけていて、エロ話がお好きな模様。

F 元木高志 3人 ゲーム バランタイン
→元木高志さん。
 合計3人で来店。7番テーブル。
 ゲームでもりあがって、入れてるお酒はバランタイン

B 井上さん with村上(チーママ) 要TEL!!
→井上さん。 
 チーママのお客様、村上さんと一緒にご来店。
 電話するのを忘れるなっっ!!!!





解説するとこんな感じ。




こーゆーノートを、営業時間が終わった後、

酔っ払ってふらふらになりながらも、毎回ちゃんとつけてました。



書くだけじゃなくてね、何が大事って・・・読み返すこと。



次の日に、絶対見直しをする!!!



当時、せっかく教えてもらったお客さんの名前や趣味なんかを、

酔っ払ってしまって次の日に忘れちゃうこととかが頻繁に起きてまして(汗)

電話番号を交換したことすら忘れてしまって、

お礼の電話が出来なかったり・・・・




でも、このノートを始めてからは、そんな凡ミスもなくなりました。



とにかく、何度も見直すことが大事。

このノートは大学にも持って行ってましたね(笑)

暇な時なんかに、ボーっと見返して。




自分の売り上げもちゃんと書いてあるから、自分で自分に叱咤激励を飛ばせます。

やっぱり、ハッキリとした数字が書いてあるのは、やる気向上にも繋がります。




実際に、このお店ノートを始めてから、

売り上げが急激に伸びました。

まじで。





上の例だけじゃなくて、とにかく何でも書いてました。

イライラしたら、お客さんの悪口をダーーーー!!!!っと書きなぐったり(笑)

お手紙を書くときの下書きに利用したり。

下書きがノートに残っていると、次にお手紙を書くときに再利用して役に立ちました。









なんだか今回の記事は、本当に自分の仕事のやり方を暴露している様でちょっと恥ずかしいです。



「私のやり方が絶対に効果的!!」とは言えませんが、

私に関しては、一気に売り上げが上がったのは確か。




このノートのみたいに、
ホステスさんは皆それぞれのやり方で試行錯誤しながら頑張ってるんですよね(*´∇`*)




もし、この「お店ノート」を実践してみる!!!という方がいらっしゃったなら、是非、ご報告を♪♪

posted by エリザベス at 02:19| Comment(5) | TrackBack(2) | 元ホステスの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

最後の給料を貰いに(後編)

(続き)


さぁ、貰うもの貰って(笑)後は森ちゃん達が待つお店に行かなきゃ。




・・・・と、ふと思った。

森ちゃんは、私のお客さんの中でもかなりの上客さん。


毎週通ってくれてたし、

何も言わずに同伴もしてくれて、

何かとイベントの時は顔を出してくれて、

私の誕生日は、

森ちゃんと、いつも一緒に飲みにくる森ちゃんのお友達、草木さんや松っちゃんも揃って大きなお花を3鉢も送ってくれたり、

お店では豪勢にお祝いしてくれたり。


しーかーもー


お水を卒業する最後の週なんかは、1週間に3回も来店してくれたし、

最後の日はピンドン2本入れてくれてた。





あー・・・

こりゃ、なんか「ありがとう」の気持ちのプレゼントをしなきゃ。





ホステスさんって、こーゆー「いつもお世話になってますプレゼント」に結構お金がかかるんですよね。 

ね?>世の中のホステスさん達。





ハンカチや靴下じゃあ、物足りない。

そんなんじゃ森ちゃんに対する感謝の気持ちは表現できないような。。。

ちょっとお値段張ってもいいから何かないかな〜。。。。



それでも結局、納得できるモノは買えませんでしたが。。。(時間もなかったし、急いでたの←言い訳・汗)

で、某ブランドHの灰皿を購入しました。

これから収入ゼロになるアタシには痛い出費でしたが・・・・(((;-д- )=3ハァ




プレゼントも購入し、森ちゃん達のもとへGO!!


お店に入り、森ちゃんたちを目で探す。




・・・と、そこで







・・・・・!!!!!!!!






またかよっっっ!!!!!!!









またもや知ってるお客さん達に遭遇!!!!




しかも、森ちゃん達の隣に座ってるし。





お客さんA:おぉ!!! エリザベス!!!

      オマエ、久しぶりやな〜!!!

エリザベス:わー!!! 久しぶりぃ!!

お客さんB:お前、お店辞めたんじゃなかったっけ?
  
      違う店に行ってるの?

エリザベス:行ってないよ〜。

      お水、完璧に上がったもん。

お客さんC:あ、完全に上がったんだ〜。

      じゃあ、今何やってんの?

エリザベス:(またこの質問かよΣ(´д`;*))
      
      純粋な女子大生よん!!!




そんな会話を軽くして、イソイソと森ちゃん達のテーブルに向かった。





ご飯も美味しくいただいて、森ちゃん達と2軒目に行こうという話になった。




ご飯を食べたお店を後にして、森ちゃん達にくっついて2軒目へ。

キャバクラとクラブの中間みたいな落ち着いた雰囲気のお店に。







・・・・と










・・・・・・・!!!!!!











またまた、そこでも知ってるお客さんに遭遇!!!








しかも、2組!!!!










またかよ(;・∀・)









一体、一晩で何組の客に会えば終わるんだ・・・・・・_| ̄|○










改めて思いましたね〜。。。。



世の中せめーよ!!!!!(笑)







一晩で、合計4組7名。。。。

久しぶりに夜の街に出たと思ったら、こんなに知ってる人に会うなんて・・・・

勘弁してよ(笑)



(終わり)
posted by エリザベス at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 元ホステスの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

お客様記憶テスト

よく見させてもらってるマリエさんのブログで、

興味深い記事を見つけたので勝手にTBさせてもらっちゃいます!
(記事はコチラ



マリエさんは友人に

「お客さんの連絡先って何人くらい知ってるの?」と聞かれて

携帯に登録してあるお客様全員の職業とどんな感じの人か全て答えられたそうです。




で。


私もちょっくらケータイチェックしてみました。

最近、久しく見ていない携帯の「お客様」グループ。



人数は140人ちょっと




以前、ココの記事


>6、ケータイには何人の客の番号が入ってる?

> え・・・120人程



と答えてました。



この記事を書いたのが5月半ば。

お店を辞めたのが8月末。


2ヵ月半で+20人かぁ・・・・・





肝心の記憶力チェックですが、


完璧に覚えていない人が5人居ました(ーー;)



複数回来店された方を忘れることは有り得ないので、

たぶん一度しかお会いしてない方だと思うのですが・・・・全く分かりません(´ヘ`;)




それ以外の方は、ちゃんと覚えてましたね。

職業は、「職業を教えてくれる方」と「教えたがらない方」が居るので100%とは言えませんが、

教えてくれた方は覚えています。

どんな顔か、どんな感じの方か、はちゃんと覚えてました。






私は顧客ノートとかは作ったことはナイんですが、

一時期、【お店ノート】を書いていた事があります。

お店ノートの詳しくはまた今度記事にするとして、

このノートは、お客様を記憶するのにかなり役に立ちました☆彡









それにしても・・・・



ノートを使うにしろ、使わないにしろ、

ホステスの記憶力って凄いものがあります。

自分でもビックリするくらい。


誕生日、

お店で座っていた場所、

その時のお客様の格好、ボトル、会話、

どんな家族構成か、

週末は何をするのか
・・・・などなど。



食いつけるものは食いついて会話にしないといけませんからね(笑)

記憶と会話の引き出しを増やしまくるのみ!!
posted by エリザベス at 00:03| Comment(5) | TrackBack(1) | 元ホステスの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

最後の給料を貰いに(前編)

お店を辞めてからしばらく経ったある日。


お給料をもらいに久しぶりにお店に足を運びました。



「お世話になりました。みなさん、これからも頑張ってね」

という意味を込めて菓子折りを手に久しぶりに夜の街へ。




お店を辞めて、久しぶりに夜の街を歩いて

ほんの数週間しか経っていないはずなのに、なんだか、

自分がその街の中でとても浮いているような気がしました。



だってもうアタシはホステスじゃない訳でしょ?

ただの女子大生。

メイクも髪型もホステスのそれとは絶対に違う。

「な〜んか、アタシ・・・・浮いてね?」みたいな。



ついこの前までは、

メイクもバッチリ夜仕様で、髪型も美容院でセットして、

この街に馴染んでた。

肩で風切って歩いてたな(笑)






お店に向かって歩いていると、やっぱり・・・・




恐れていたことが・・・・・




「おぉ!! エリザベス!! お前、何やってんだよ??」




嗚呼、お客さん(二人組み)。

お久しぶりね(;・∀・)



エリザベス:わ〜お!! 久しぶり!! 

お客さん:お前、店辞めたんじゃなかったっけ?

エリザベス:うん辞めたよ。 今からお店にお給料貰いにいくトコ。

      何やってんの?

お客さん:今から飯食いに行くから、給料貰ったらお前も飯食いに来いよ。

     ○○○○に居るから。


エリザベス:(あぁ・・・・・ やっぱりそーなるのね・・・
    
       ま、いっか。 まだ晩御飯食べてなかったし。)

      マジデ?! イイの?!?

      やったぁ!! じゃあ、後で行くね♪♪



そこで、そのお客さん達(以下 森ちゃん達)と別れ、お店へ。



時間は21時30分 営業時間真っ只中。



「忙しいかなぁ〜??」と思いながら、ソーっとドアを開ける。



ドアが開いた瞬間、お店の中から黒服の男性従業員の声が。

「いらっしゃいませ」



いやぁ〜・・・客じゃないんだけどなぁ・・・

と思いつつ顔を覗かせた。



「あ〜。 なんだ、エリザベスか。久しぶりだね」と黒服のまさくん。



そこへ私を発見した店長が嬉しそうにニコニコの笑顔で手招き。カウンター席を指しながら

「おい、おい、エリザベス!! ココ座れって!!」




慣れた店内を見渡す。

懐かしいという感じは全くしなかった。

なんならすぐにでも着替えて仕事を始めるような気分。

でも

「あ、このお店を見るのも今日が本当に最後なんだな」

そう思うと、不思議な感覚を覚えた。





見慣れた顔の女の子達が接客してる。

どうやらまだ新人は入ってないみたい。

何人かの女の子は私に気付いて、ボックス席から顔をこっちに向けてる。

手を振っている子も居た。 笑顔で手を振り返したり。



「元気してるか?」と、おでこの汗を拭きながら店長が私に聞いてきた。


「はい。元気です」と言いながら

「これ、お菓子、皆さんで食べてください」と菓子折りを差し出した。





そこへ・・・・・






チーママが「エリザベス〜〜!!!」と言いながら両手を広げて

客席からこっちへ小走りでやってきた。

そのままギューっと抱きしめられた(笑)



「エリザベス〜〜!!!元気してた??

 毎日、何してるの〜???

 エリザベス、辞めてから一度も電話してこないんだから〜」





・・・・・するかよ(;・∀・)





なんて思いながら(笑)





そんなこんなで、少し談笑して無事にお給料も頂いてお店を後にしました。





さぁ、次は森ちゃん達が待ってるお店へ行かなくちゃ。

(続く)
posted by エリザベス at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 元ホステスの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

これから

悩んでました。


このブログ、続けるかどうか。




もう水商売をやめちゃった訳ですから、
今まで読者の方が楽しみにしていて下さった「お水ネタ」は書けなくなる。


「そんなの面白くないじゃん」

心の中で自分で自分にツッコミいれたりして。





でもでも。

1年間続けてきて、奇しくもブログ開設1年でお水を上がり、

熱しやすく冷めやすい完全O型人間のアタシがここまで続ける事ができて。




せっかくだから続けてみよう!!!





そう思いました。



ちょこちょこお水ネタを書こうと思ってはいるのですが、

やっぱりもう以前みたいに頻繁には書けません。

そーゆー意味では、みなさんの期待を裏切ってしまうと思います。




これからは

エリザベスという一人の女の

腹の中全開の独り言ブログにしていこうと思っています。




「しょーがないなぁ〜。それでも読んでやるか

というそこの貴方。


さすがだね。 やさしいね。 いい人だね。 

神だね。 宇宙の大魔王だね。


そんな貴方にふぉーりんらぶ。






そんな訳で、これからも細く長くの精神でブログ続けていくので、


みなさま



どうぞ宜しくおねがいしますm(._.)m








じゃあ、まず手始めに。






このブログのタイトルをどーにかしなきゃ。


【女子大生&ホステス 両立中】


もう両立なんかしてないし(汗)




どんなタイトルがいいっすかねぇ〜???




「女子大生&ホステス 両立してました」とか?(笑)




なにがいいかな???


悩む・・・・・



posted by エリザベス at 00:07| Comment(2) | TrackBack(1) | それ以外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。