2004年11月25日

色恋短期集中新規開拓

最近になって水商売の難しさをまたもや実感してます。

基本的に色恋営業は嫌いな私だけど、
やっぱりこの世界、色恋抜きでは語れないわけで・・・・


色恋営業・・・・男女の恋愛感情を混ぜて営業すること。
分かりやすくいえば、
「私、あなたの事、好きよ」と嘘ついて、お客さんを引っ張る、ってこと。


もう1年近くこの世界にいると、お客も増えてくる。
私目当てに来てくれることは喜ぶべきこと。

その中でも、定期的に細く長く続いているお客さんが一番いいんだけど、
やっぱり、そーじゃないお客さんもいる。

「エリザベスのこと、本気で好きだ」っちゅー客やね。


「私、時間をかけて男の人を好きになるんですよ〜」
「そんなに早く結果を求めないで。一段一段、ステップ上っていきましょ」
・・・な〜んて、のらりくらり逃げるんですがね。


そーゆーお客さんに対する対応で最近、めっきり疲れている。
よく考えてみれば、「上がります宣言」をしていた時、一番こーゆーお客さんが多く重なってて疲れてたっけ。


「本気で付き合って」だの、
「いつまで待たせる気?」だの、
「休みの日に会わないってことは、俺のこと少しも好きじゃない、って事だろ?」だの。


もう完璧に、自分の意思とは関係なく色恋営業になってしまう。


今までのアタシだったら、そんなお客でも
「色恋ナシで、人間同士の付き合いで長く引っ張れないかな?」
とか思って頑張ってたと思うけど、最近はもう、そんな甘っちょろい考えはなくなった。

それに、こーゆーお客に限って、私が出勤の日は、ほぼ毎回来店してくれる。
(店にも来ないのに「付き合って」だの言う客は論外。相手にもしまへん)


こーゆーお客のもう一つの特徴は、
しばらくは頑張って口説き落とそうとお店にお金を落としてくれるけど、
脈がないと思ったら、ぱったり店に来なくなる、ってこと。


だから、こんな短期集中型のお客は、こちとら「短期集中」でお店にお金をたくさん落としていってもらおうと必死になる(笑)


そ〜だなぁ・・・・4ヶ月。
4ヶ月、短期集中型のお客を引っ張れば、立派なもんだろう。



以前、ゴルフセットを私に買ってくれた短期集中型のお客もそろそろ潮時のようだ。
向こうのテンションが明らかに落ちてるのが分かる(笑)
まぁ、もともとその人と付き合う気なんてさらさらないわけで。

向こうがガンガン私にアタックしてるときは、ほっといて(そっけなくして)も何もしないでお店に来てくれるからラク。
でも今みたいに向こうのテンションが下がりだしたら、次は私の頑張りドコロ。
今度は私の方から、色恋仕掛けでお店に引っ張る。
お店に来てもらわないと意味がないんだから。

それでもお店に来なくなったら、もう頑張らなくていいだろう。
でも完璧に「お客を切る」訳ではないんだけどね(その話はまた今度)。



さて。
こーゆーお客がひとり居なくなったらどーするのか。

次を見つければいいだけ。


さ。さ。
新規開拓、新規開拓。
posted by エリザベス at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ウラ日記(ホステス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。