2004年12月06日

不倫について考える考える考える

ここ最近「馬鹿女」の話題ばかりでしたので、
今日は「warning from my friend」の記事について、だらだら書こうかと思う。

何名かの読者の方がTBもしてくれたのでTB返ししつつ。


>「ねぇ。アンタとMさんの関係って誰かを傷付けてる、ってこと分かってる?」
>「Mさんの内縁の妻が、アンタのこと知って自殺とかしたら、アンタ、どーするの?」

まずはこの忠告をしてくれた友達Rに感謝したいと思う。
きつい言葉だけど、愛を感じたわん。


Rはこう続けた。
「ねぇ、いつまで自分の感情だけで好き勝手に行動するつもり??」と。

私の「Mさんが好き」という感情だけで、周りの人間のことも考えずに(この場合、Mさんの内縁の妻のことですな)、自分の気持ちだけで突っ走るのは辞めろ、と。

「自分のことしか考えないで、周りの傷つくであろう人のことも考えずに、突っ走るのは浅はかだ」と彼女は言った。


好きな人のことを好きと言ってはイケナイのだろうか。
好きな人が自分のことを好きで、たまたま相思相愛になったとしても、「不倫」やら「浮気」になると自分の気持ちに無理してでもブレーキをかけないとイケナイのだろうか。

私は確かにMさんの内縁の妻のことを傷付けているのかもしれない。
でも、そこまで非難されなきゃイケナイのか?


誰かを好きになる時に、自分の感情以外の何を基準に考えるんだ?(相手の気持ちは後からついてくる、として)


「私はMさんが好き」
「Mさんも私のことが好き」

この事実だけじゃダメなの?


私はRに問うた。
「じゃあ、Rに好きな人が出来たとする。その人には妻が居た。でもその人もRのことが好き。 Rはどーするの??」

Rはキッパリと答えた。
「付き合ったりはしない。傷つく人が居る、って時点で、私は自分の気持ちにストップがかけられる」



私ね、このRの答えを聞いて、嫌味とかじゃなく、素晴らしいな〜って思ったの。
と同時に、Rは本当に人を好きになったことってあるのかな?って疑問も抱いた。


誰かを好きになる気持ちに自らストップをかける、って概念が私の中では無いんだ。

だって、好きなもんは好き。
違う??

「好きになった人にたまたま奥さんが居たの」なんて、ありきたりな事言いたくはないが(笑)

誰かを好きになって、その恋が実らなくて、あきらめる、ってことはある。
でも「好き」って気持ち自体に、自らの意思で蓋をすることは私には出来ない。

「好きという気持ちを伝えない事」が「蓋をする」ってことじゃなくて、
「好きという気持ちを消す」ってことね。
そんなの出来ます??? 私には出来ないよ。


実はこの話、Mさんにもしてみた。

「好きになるって、動物的なものだからなぁ。どーしようもないもんね」とMさんは言った。

ちょっと無責任に聞こえるかもだけど(笑)、まさしくその通りなんだよね。



付き合う、って決めた時点で、お互いにリスクを背負うのは承知の上。
だって「不倫だから」。
あ。私とMさんの場合はちょっと違うのかな?
Mさん、法的に妻子持ち、ってわけじゃないもんな。まあ、でもMさんが帰っていくのはその内縁の妻のもとだし、これも「不倫」にカテゴリ分けしても大丈夫だよね?



話をRの発言に戻そう。
>「Mさんの内縁の妻が、アンタのこと知って自殺とかしたら、アンタ、どーするの?」

いやいや。
誰かと不倫する時点で、こんなことまで考えてたら世の中に「不倫」なんて発生しませんって(汗)

「妻の自殺」って・・・。
そりゃちょっと、極論過ぎじゃん???



声を大にして言うよ。

Mさんとその内縁の妻の関係を壊すつもりはさらさら無い。


そもそも、Mさんと私の関係が内縁の妻にばれなきゃ、内縁の妻も傷つかない。
違うかな???
この「ばれなきゃいいじゃん」的考えがRは嫌いなんでしょうけどね・・・。




前にもブログに書いたけど、なんで不倫なんちゅーリスクの高いことをするのか。

「私、イイオモイがしたいんです」


いい子ぶったりしないわん(笑)

不倫だから、「会いたいときに貴方は居ない」って状況も多々あったりする訳じゃないですか。「思い通りにならない」ってヤツね。
それでも不倫してるのは、やっぱり、私は、

「彼が好きだから」が大前提にあって、

「イイオモイがしたいから」って気持ちがあるから。


Mさんは私にイイオモイをさせてくれてる。
物質的だったり(プレゼントとか)、非物質的だったり(気持ち満足度とか。クサっ・笑)。。。

たくさんの世の中の愛人の人たちが相手からお金をもらうのも「リスクを背負ってるから」だと思うし。




確かに私は自分のことしか考えてないかもしれない。
でもさ、よく考えてみてよ。
結局、損をするのはいつも愛人でしょう???
絶対的に「本妻」って立場は、必ず勝つようになってるんだから。

男は必ず本妻の居る家に帰るんだから。
愛人は所詮、本妻には逆立ちしても勝てませんて。
(勝とうなんて思ってないわ、って愛人さんもたくさん居る)


何度も言うよ。

リスクを背負ってるのは愛人。

(精神的or肉体的に)傷つくのは愛人。





追伸:
最後に「エリザベスに傷ついて欲しくないから言ってんだよ。あんたは大事な友達だからね」と言ったR。
ありがとう。愛してるわん。
posted by エリザベス at 02:45| Comment(6) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとでした♪
共感する部分多々あり。家族の絆って周囲が思ってる程“やわなもの”じゃないですものね。
私は“梅田みか”って人の不倫についての本読んでまた少しいろいろ考えてました。なかなか面白い材料だったので、えりちゃんにもオススメ☆
お互いハッピーな日々が続くよう祈ってますわ(^^)/
Posted by LISA at 2004年12月06日 03:09
たいした内容ではないですが、
相手の家族との仲を裂きたいわけではないと、ささいなことから痛感した私、です・・・。

まあ、家族愛的なところがあるので。もともと。
独占欲とかが発生していないからでしょうか・・・。
Posted by at 2004年12月07日 07:34
↑上は、トラックバックをしようとして、コメントになった模様です。
すいません。
いまだにblogよくわからん女・・・。
Posted by 黎 at 2004年12月07日 07:35
>LISAさま
梅田みか、ね。OK!!
今度読んでみますね☆☆
LISAさんもHAPPYな日々が続いてるみたいですね(^^)
3桁突入だとか♪♪すごいですね!!


>黎さま
TBのやり方、わかりましたでしょうか???
難しいですよね。
私もブログ始めたばかり頃は、全くのちんぷんかんぷんでした。

独占欲・・・これ、まじ今ずーっと考えてる最中んですよ〜。
記事にしようと思っています。
私は彼に対する独占欲は、一応あるつもりです。
でも、奥さん(彼の場合、内縁の妻だけど)は別なんですよねぇ・・・・。びみょ〜〜〜。
Posted by えりざべちゅ。 at 2004年12月13日 19:42
私も2番てしたことあるから気持ちはすごくわかるんです。
でもね、やっぱり、自分の気持ちだけで突っ走るって幼かったって思います。好きなら妻がいてもあきらめられない、てすごくわかるけど、じゃあもし好きな人にふられたら?自分で自分の気持ちに蹴りつけますよね?だから、本当は、自分で自分の気持ちにストップかけられるものなんですよ。
彼も私が好き私も彼が好き、それでいい・・、時期もあるとは思います。でもね、正確には私は彼が好き、彼は私を2番目に好きなんです。自分だって、自分の事好きな人を、世界で100番に好きになることはできますよね?でも、女は本能的に1番の人の子供をうみたいから1番の独占に力を入れるけど、男は100番まで愛せる、それだけです。若い魅力がある時期に、2番でよしとするのは本当もったいないよ。
それにね、それでいい、って思うあなたは、もしかしたら注意してくれたお友達より、人を好きになったことない、かも、しれないですよ。本当に本当にすきになったら、やっぱり独占できなきゃ意味がない、って思うはず。彼が他の女を好きでもいいなんて思うのはうそっぱちです。
そう思わない?全くの見ず知らずなのにごめんなさい。でも、ちょっと状況があまりに似てて、老婆心がでちゃいました。
Posted by at 2005年05月10日 10:17
今、ふと2番手だった頃を思い出すと、
心から「もうあんな思いはしたくない」と思うんです。
今は、私を1番に愛してくれてる人が近くに居るから余計にそう思います。
思い出すだけで、悲しい気分になります。
悲しい気分・・・これが正直で素直な気持ちなんでしょうね。それを私は、押し殺してたんだなぁと実感しています。

Posted by えりざべす at 2005年05月13日 13:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

真っ直ぐな気持ち
Excerpt: は羨ましいと実年齢だけは一回り上の恋愛下手は思う今日このごろ。 えりちゃんの意見にTB。ちなみに、彼女の考えかたには基本的に賛成。 「好きな気持を消すことは出来ない」ってのは、すごくよくわかる。若..
Weblog: 2ヶ月限定のつもりだった日記
Tracked: 2004-12-07 11:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。