2006年01月23日

エリ様に訊け!「タクシー代、貰っちゃった」

ホリエモンが捕まりましたが、私的には耐震強度偽装事件の方が気になります。

こんばんは、エリザベスです。



今日も行ってみましょう。「エリ様に訊け!」


今回の相談はかなちゃんから。以下コピペ。


>先日お客様からタクシー代として使ってよ
>・・と2万円を接客中に頂きました。

>遠慮したのですが、どうしても貰う羽目になり頂きました。

>しかし、その現場を姉さんに見られてたらしくママにバックするべし
>・・・と言っていたと、他の女の子から教えてもらいました。

>この場合、その場で強引でも断るべきか、
>スグにでもママを呼ぶべきか、とりあえず貰うべきか、
>どんな対処がベターでしょうか?





と、お客様にいただいたタクシー代の相談でした。




いや〜・・・・・


だって〜・・・・・欲しいでしょ?(笑)


本心言っちゃえば、アタシだったら欲しいなー、A万円(笑)




お店によっては、
お客様に頂いたタクシー代やオヒネリを
ママにバックしなきゃいけないとかいう面倒臭い習慣があるのかもしれないけど・・・


ぶっちゃけ欲しいよね??w




お客さんから
「これ、タクシー代、もらっといて」と接客中にお店の中で言われたら

まぁ、とりあえず最初はお断りします。


それでもしつこく渡されたりしたら、頂いてもいいと思いますよ。


頑固にお断りし続けたり、困ったからと言ってママを呼ぶのは止めたほうがいいと思います。
そこはお客様の顔を立ててあげましょ。




そんでもって・・・・ここからがポイント。



そのお客様が帰った後(もしくは閉店後)に、

ママ(チーママ、店長でもOK)に報告します。

でも!!報告のやり方がポイント。


「あの、○○さんからタクシー代としていただいたんですが、どーしたらいいですか??



“どーしたらいいですか?”がポイントですよー。


ここで、間違っても

「コレ、○○さんからタクシー代として頂きました」っていいながらお金を差し出さないよーに!!


お金を差し出しながら「いただいたんで」とか言っちゃったら

「ハイハイ」ってな感じでママの懐に入っちゃうかもしれませんからね。



まぁ、“どーしたらいいですか?”と女の子に聞かれて

「あ、ハイハイ。これね、女の子が現金を頂いちゃいけないことになってるから」とか

「あ、ハイハイ。これね、私が預かっておくわ」

なーんて野暮なことを言うママは滅多に居ないと思いますが。



実際、私は「どーしたらいいですか?」って聞いてました。



そしたら、ママもチーママも店長も

「せっかく頂いたんなら、エリザベスちゃん、貰っておきなさい」

とサラリと言ってくれました(  ̄ー ̄)


キチンと報告もして、その上お金も自分のもとに入ってくる、という。

賢くいきましょう(´▽`*)アハハ


たとえ「お金を貰ったところを誰にも見られてない」って思っても、
それが営業時間中なら、一応、報告しといた方がいいと思います。
誰に見られてるか分かったもんじゃないですからね。

上記の方法で報告したら、きっと大丈夫だと思います。


ちょっと話はズレますが、
タクシー代を頂いたのが、お店の営業時間中ではなくアフターの時だったりしたら、
もうそこは素直に「すみません。ありがとうございます」って言って頂いていいと思います。
(アフターに行ったら、必ず女の子にタクシー代を渡してあげてくださいね>世の殿方たち)



ズル賢く行きましょう☆☆

≧(´▽`)≦アハハハ



**********************************


ちなみに・・・・・・・・・・


上記の方法で、素直にお金を頂く場合もありましたが、

お客様に知られないようにそっとお返しする事もありました。



「要りませんって!いただけません!!」って何度も付き返すのは野暮なので、

お客様に気付かれないように、

お客様のカバンにコソっとお金を入れたり、

帰る際、スーツのジャケットを着せてあげる時に、ジャケットの胸ポケットにコソっと入れておいたり、

帰りがけのエレベーターの中で、そっとお客様のお尻のポケットに入れたり


してお返ししたりもしました。



後でお客様に気付かれても気付かれなくてもどっちでもいいんです。

ま、でも気付かれたら、気付いた後で

「お金、いつの間にポケットに入れたの?」

ってメールが来たりしました(^_^)

結構、喜んでもらえるんですよ♪♪♪
posted by エリザベス at 22:50| Comment(9) | TrackBack(1) | エリ様に訊け! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
卒論お疲れ様でした!
エリザベスさん、回答くださりありがとうございました!!

今後の参考にさせていただきます。
今回の件で、お金の事は結構難しいなぁ・・と反省しました。
まだもう少し私は頑張りたいのでまたエリザベスさんに質問させて頂くかもしれませんが・・そのときは宜しくお願いいたします!
Posted by かな at 2006年01月28日 11:32
ごめんなさい。。。。。゚(゚´Д`゚)゚。
間違えてコメントをトラックバックにしてましたΣ(・ε・;)
エリザベスさんのアドバイスはいつも的確でどの内容も参考にさせて頂いてます!
更新を楽しみしてます!
ありがとうございました!!
Posted by かな at 2006年01月28日 11:39
相談ってここにかいていいんですかねぇ・・・・
ちがったらすみません(ノ_・。)

最近キャバ嬢をはじめて、メアドとか交換して連絡をとったりしているお客さんゎいっぱいいるのですが、ただ友達のように連絡しているだけなのでお店に来てくれるという人がそんなにいません。
もし週1とかの出勤であれば『今日は出勤だからきて』というようにいえるのかもしれませんが、ほぼ毎日出ている私ゎどの様にきてくれるように誘うのがベストなのでしょうか・・・
Posted by ぁぃか at 2006年02月01日 12:51
これなんかも、心底ものすごいノウハウですよね。
すごいなぁ、とひたすら感心してます。
Posted by koh改めryoです at 2006年02月02日 01:50
>かなさん
お金は扱い方が難しいですよね。
おつりをくれる人なんかもいて。
千円札のおつりを毎回全額くれるひともいたりしました。
「ありがとーー!!!帰りに○○ちゃん(←その場に居るヘルプの女の子とか)とおうどん食べて帰るねっっ☆」
って言って素直に貰ってました。
もちろん、そんなの嘘っぱちだけど(笑)

お仕事、頑張ってね!!


>ぁぃかさん
なんせ怠け者なんで、回答はかなり遅くなる傾向がありますが(汗)、ちゃんと回答記事は書きますので、気長に待ってて下さいまし。


>ryoさん
ほんと、手の内、見せまくりですよー(笑)
可愛がってた後輩に教えてあげてたような内容を書いてます。
Posted by えりざべす at 2006年02月05日 15:32
お金いっぱいあっていいなああ
Posted by まったく\\\\ at 2006年02月07日 00:41
あの…初めてコメントするのですがエリザベスさんのブログ、だ〜いぶ前から拝見させていただいてます。私はまだお水暦2年で学生なので共感できるところもたくさんあったし本当に参考になりました。ずっとキャバクラ勤めでクラブでは数か月程しか働いていなかったのですが、最近高級クラブに足をつっこむことがあってこのブログをさらに参考にして勉強させてもらっています☆
 記事の更新、楽しみにしています♪
関西キャバクラ嬢より
Posted by ヒメカ at 2006年02月28日 03:39
こんにちは!初めて書き込みます。
エリザベスさん、実はだいぶ前からココにはお世話になってます(笑
私も学生なので、なんだか読んでいると心強いんです。
ありがとうございます!!

実は、「タクシー代」の事。少しつけたさせて頂きたくて書き込みました。
銀座では1割返し、という法則がひそかにあるんですよ。
1万円もらったら1000円分の何か品物をお礼で渡す、というものです。
これをすると、お客さんはお金を返してしまうよりも、凄く喜んでくださったりするんです。
エリザベスさんのブログのコメントにこんな生意気に書き込むのも悩みましたが、
ここには水の仲間がたくさん居そうなので、参考にして頂きたくて
あえて書かせていただきました><
これからも参考にさせて頂きます!
よろしくです〜(^^)♪
Posted by あい at 2006年03月13日 03:08
関西の夜(ホステス・コンパニオン・フロアレディ・ドライバー・ホールスタッフ・ボーイ・黒服・ホスト)のバイト情報満載!
http://www.b-s-l.jp/m/
Posted by 大阪京都神戸求人ホステス水商売アルバイト bsl at 2009年02月26日 23:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12148581

この記事へのトラックバック

ホストせりな先生による、メガネ講座。。。。
Excerpt: メガネって人の印象をがらっと変えるアイテム アホな子でもあら不思議、なんて賢そうなの(*^^*)ポッ ↑メガネを着用するセリナ氏。 ..
Weblog: ”せりな”秘密基地。 
Tracked: 2006-01-26 13:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。