2005年05月28日

ナンバーワンとは、みたいな話

今月頭、定例ミーティングが行われました。

いつもどおり、前の月の売り上げ成績がナンバーワンから最下位まで順番に発表されていきます。


ナンバーワンはこのブログでも何度か出てきている
お店一番の古株でレギュラーのK姐さん。
お店開店以来の最高売り上げ&最高同伴回数を記録
^(ノ゜ー゜)ノ☆パチパチ☆ヾ(゜ー゜ヾ)^


そしてアタクシ、なんとかナンバー2をキープヽ(´ー`)ノ
出勤日数14日で、よく頑張りました>ワシ。


今回もミーティングは大ママの独演会な感じで。
「ナンバーワンとは」みたいな話をしていました。



「色恋ばかりでお客さんを引っ張っても、
 そのお客さんは本当の意味での
 “自分の担当口座のお客様”にはならないわよ。
 
 例えばK(姐さん)が他のお店に移るとするじゃない?
 その時、色恋だけで引っ張っていたお客さんってのは
 次のお店には引っ張れないの。
 
 色恋とか関係なしに、
 人と人としての信頼関係がお客様との間に生まれてからが、
 初めて本当の意味で、“自分のお客様”になるの。

 色恋ばかりのお客様で売り上げを上げても、それは
 本当の意味でのナンバーワンじゃないの。 
 
 色恋ナシのお客様だけで、ナンバーワンになったら
 その時が、初めて本当のナンバーワンになった時。

 私のお客様でFさん、って居るでしょう?
 Fさんなんかは、もう私とかなり長い付き合いで、
 たとえ私がお店に出勤していなくても、
 “○○○(←大ママの名前)のお店だから”って言うことで、
 お店にいらしてくれるじゃない?
 そーゆーのが、本当に“自分のお客様”っていうことなの。

 だから、色恋が多いKは
 まだ本当の意味でのナンバーワンとは言えないわね。
 ね?Kちゃん。
 
 ナンバーワンってばかり言っているけど、
 これは皆にも言えることなのよ?
 
 Kは昼前に起きてコツコツ会社訪問に行ったりして、努力して、
 本当によく頑張っているからナンバーワンになっただけであってね。
 
 きっとKも今、とても不安と思う。
 私もホステス時代はナンバーワンになったから、
 今のKの気持ちが手に取るように分かる」



と、大ママ。

 
 
ふ〜ん・・・・ナンバーワンって大変なんだなぁ。。。

常に追いかけられる立場、ってのも辛いんだろうなぁ〜。。。




・・・・なーんてボーっと思いながら大ママの話を聞いていたら・・・



「エリザベスちゃん!!
 あなたも、系列店を含めてアルバイトでナンバーワンなんだから
 人事と思わないで、ちゃんと聞いててよね!」





・・・マジ? (゜┏Д┓゜ ;)



いやぁ・・・アタシ、この後「辞めさせて下さい」って言おうと思ってるんですけどぉ〜・・・・
(このミーティングの後に「辞めさせてくれ」と大ママに言ったわけです。結果的には前の記事に書いたように、辞めることは出来なかったんですけどね)



つーか、ナンバーワンにアルバイトもレギュラーもあんのかよっっ!!!と、ツッコミたかった(笑)

 
posted by エリザベス at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ウラ日記(ホステス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3958223

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。