2005年06月22日

エリザベス的ヘルプ論〜他人のお客さん編〜

話はもどって。


ヘルプに徹するとは、一体何ぞや??と。


まぁ、派遣と同じでしょ?って言われたら元も子もないんですけど・・・



キャバクラなんかでは、本指名の子が指名が重なってヘルプが席につくと、明らかに不機嫌になっちゃうお客さんも居るみたいですね。ヘルプの技として「本指名の女の子をとりあえず褒めまくる」みたいなのがあると聞きました。

うちの場合はクラブだからなのか何なのか、明らかに女の子目当てってなお客さんはあまり居ないので、ヘルプが着いて不機嫌になっちゃうお客さんはあまり居ません。

なので、ヘルプについても、まぁ、普通どおりの当たり障りのない接客。

何が違うかと言えば、新規のお客さんについた時みたいな
「この人、絶対、アタシのお客さんにする!」って気迫がない。ってぐらいかな(笑)
だから、当たり障りのない接客になるだけ。

ただ、変にお客さんに気に入られても困る、ってのはあるので(これはキャバでもクラブでも一緒だと思いますね☆)


私はもうマシンガントークで喋りまくって、お笑いキャラでその席を盛り上げるだけ盛り上げます

うちはクラブなんであまりに忙しくない限り、1対1でヘルプ接客することがあまりありません。
お客さん一人に対してヘルプが2人付くこともあります。
だから、「みんなでワイワイガヤガヤ楽しくお喋り」で盛り上げるだけ盛り上げます。
ひたすら自分で会話をリードする時もあれば、ひたすら自虐ネタで笑いを取るときもあるし、ツッコミ役でお喋りするときも。


ヘルプって、連絡先を聞いたりしてアフターフォローをしなきゃならない訳でもないので、精神的にはかなり楽です。
そのかわり、その場では(仕事場)自分の担当のお客さんの席より疲れてぐったりすることも。。。(´ヘ`;)



posted by エリザベス at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ウラ日記(ホステス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4547201

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。