2005年08月01日

私が辞めない理由3


(続き)


果たして、「昼の仕事もしながら、夜の仕事の方も勉強し続ける」ということが私に可能なのだろうか。


今でこそ、「昼間は学生で、夜はホステス」なんて言っていられますが

社会人になったら、そんなに甘いものじゃないはずです。

社会人と学生では、大変さが比じゃないはず。



「ニソクノワラジ」・・・そんなに器用じゃありません。

どちらか1本に絞れなければ、どちらも成功しないと思う。




その上、

「水商売は保険なのかも・・・」

なんて、心のどこかで思っている自分にも叱咤したい気分。

自分自身が、身をもって水商売の大変さを知っているハズなのに。

私は、水商売を本職としている人たちに対して、なんて失礼なことを考えているのだろう。。。。

でも、大ママも「水商売は保険と考えて、続けておきなさい」と言うし・・・。






もう、頭の中はごちゃごちゃのぐちゃぐちゃ。






そんなこんなで、考えはまとまらないままお店も続けていました。





そんな中・・・・、内定をいただいたんです。




就職活動を始めて、2ヶ月弱。

数社の企業から内定をいただきました。




内定をいただいたものの、大ママ(やお店の人たち)には、

内定をいただいた事実をすぐには伝えませんでした。

「まだ就職活動を続けている」という事にしておこう。。。そう思いました。

(実際、もう少し内定の数も増やしたかったですし、「内定を貰った!!」と言ったら、大ママから「出勤回数を増やしなさい!!」って言われるのが目に見えていたので・・・・汗)





で、この前。。。。そう・・・あの、がっつり怒られた日( ´Д`)




(続く・・・なげーよ!!「私が辞めない理由」は3でお終い♪)
posted by エリザベス at 17:51| Comment(3) | TrackBack(0) | ウラ日記(ホステス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
内定おめでとう。
行き付けのお水大学生が内定したときにいつも言ってることだけど、
この商売からはキッパリ足を洗いなさい。
なぜなら「お水で成功できる女は必ず会社で美味しくやれる」から。
その方が、お水やるよりローリスク・ハイリターンだ。
美味しい仕事を自分で企画して、おやぢ供を操って会社のカネで遊びなさい。
お水よりずっとラクなはずだよ。
Posted by ふつうの男だよ at 2005年08月02日 04:58
今となってはしがない中小企業所属だが、かつて某金融機関の本社エリート部門にいた頃、まだ入社数年目のヒラであった自分が主担当として手がけたプロジェクトが、日経新聞の企業財務欄におっきく出る楽しさは、まさにお金に換えられない価値だった。大企業でがんばるということは、上記ふつうの男さんの言うとおり、個人の限界の枠を超えた規模の「美味しさ」があると思う。今はすっかり落ちぶれて(笑)新聞になぞ死んでも出ない仕事に日々従事し、まるで六本木で遊ぶ金を得るために働くかの如き人生を過ごしながら、あの若き日の輝きをまぶしい目で思い出す中年としては、もし「その時期」が10年以上先なら上記ふつうの男さんの言うとおり、きっぱりと辞めて企業で徹底的に上を目指すべきだと思ったりする。そうでないなら、保険もありかな?お金は、キャリアの数年後にしかやってこないからねぇ。
Posted by koh at 2005年08月02日 14:50
内定おめでとうございます!
よかったですね。
でも、悩みどころですね。
行ってもいいなという企業がありました?
僕は、当分、両方、やることをお奨めします。
なんだか、結構、昼間を辞めて戻ってくる子が多いからね。
迷っているなら両方やるしかないと思いますよ。
Posted by tts0517 at 2005年08月04日 13:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。