2004年10月20日

wanna enjoy your own life?

この前のKKの結婚話といい、まただよ。


私の小学校からの親友のMが結婚するという。


Mは高校を卒業してすぐに就職して、3年近くOL生活を送っている。
高校時代から付き合っている彼と、めでたくゴールインというわけだ。
ちなみにまた、できちゃった結婚。

あ〜あ・・・・。

Mとその彼が結婚するつもりなのは前々から知っていたが、こんなに早いとは・・。

ちなみにMとその彼は今、中距離恋愛中(隣の県に彼が住んでる)。
Mの彼氏は実家の家業を手伝っている。Mが結婚したら、Mは彼氏の実家に行くという。
その彼氏の実家、ってのがまた、かなり田舎!!!
Mが具体的にいつごろ会社をやめるのかまだ定かではないが、そんなに遠くない日だろう。


みんな、遠くに行ってしまうなぁ・・・。

寂しいなぁ・・・。


なんで、そんなに結婚を急ぐんだろう???
Mだって、やっと社会に出てまだ丸3年も経ってないのに・・・。
もっといろんなことを経験できると思うんだけどなぁ。
自分の自由な時間を、もっと思う存分味わえばいいのに・・・・。
もったいないなぁ〜〜〜・・・・

結婚を早い時期にする、ってのは、
これから先、経験できるであろう沢山の事を、出会う前に放棄するようなものだと思う。



あたし、もちろん将来について不安だらけだけど、
私のこれからの道の先には、たくさんの出来事が私自身を成長させるために待ってると思う。
まだ目の前は真っ暗で光すら見えない状態だけど、私は前に進む足を止めない。
そして前に進む途中、いろんな辛い出来事が待ち構えてる。
それでも停まっちゃいけないんだ。


今までだって、私はそうして進んできた。

「とにかく前に進む」

その時はそれが正しい方向に向かってるのか、それとも遠回りなのか、全く分からなかった。
でも、いろんな紆余曲折を経て、私は今の自分が好きだし、自分が歩いてきた道に後悔は無い。



「目の前が真っ暗でも、前に進む」

それは、すごく不安定で怖いことだけど、私はその先に必ず光があるって知ってる。


昔の私だったら、怖気づいて前に進むことすら拒否してたけど、今は違う。

前に進む道中、いろんな辛い出来事は私を成長させるためにあるんだ。
それらの試練を、楽しみにしてる自分が居る。
なんだか、変な話だけど、
その試練の先に、何が私を待っているのか、どんな光が私を待っているのか知りたくて、その試練を楽しめるようになってきた自分が居る。

自分がこれから先、どんな人生を歩んで、どんな大人になるのか、楽しみでしょうがない。
「いい女」になりたいと心から思う。いろんな意味で。
自分の人生を謳歌したい。


なんだか、話がズレてしまったけど、

「There are so many ways ahead of you.」

海外に居たとき、私の愛すべきホストマザーが私にいつも言ってくれてた言葉だ。
貴方の前には沢山の道があるのよ、そんな感じ。

沢山の道を、じっくり悩みながら、そしてゆっくり進んで行きたいと思う。


私の中での‘結婚’って、その道をハサミでバッサリ切るようなものなんだと思う。



この際、
「結婚することによって、女は成長するものよ」
なんて事を私に言わないで下さい。お願いします。
posted by エリザベス at 23:11| Comment(7) | TrackBack(0) | オモテ日記(女子大生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エリザベスさん。はじめまして!大学生のナナと言います。
前からちょくちょく読ませて頂いてました。
エリザベスさんの文章、すごく上手だなーっていつも思っています。
感情を言葉にするという作業が特に。

ところで、今日のblog、結婚について。
確かに、結婚は経験の幅をある程度狭めると思います。
(法的に、自由に恋愛したり、好き勝手にお金を使ったりは出来なくなるし)
でも、仕事とか、人間関係とか、そういう経験の幅は本人の努力次第でどんどん広げられるんじゃないかなー?って私は思ってます。
もちろん、理解がある懐が広い旦那さんが前提だけど。
私は、もし結婚しても、(来年から就くであろう)仕事を簡単には辞めたくないなぁ。
Posted by ナナ at 2004年10月21日 00:43
わたし自身が結婚について深く考えてないし、野郎ですので薄っぺらい言葉になるかもしれませんが。

>結婚を早い時期にする、ってのは、
>これから先、経験できるであろう沢山の事を、出会う前に放棄するようなものだと思う。
つうのは少々極論のような気がする。
#そういう側面が(特に現状の日本では)強いのは否定しませんが。
逆に若いうちに結婚しなければ経験できないこともあるだろうし(子供と一緒に成長する・・といったようなこととか、大勢の子供に囲まれるとか)、そもそも何かを選択するってことはその時点で別の何かを捨てていることでしょうし。
結局は、自分の選択が自分的に正しかったかどうかは、その人の価値観によるし、死ぬときにしかわからないんじゃないのかなぁ。
#あるいは永遠にわからないのかも
ありがちな言葉ですが。

ああ、久々に真面目なことを書いたような気がする(苦笑)
Posted by あるる at 2004年10月21日 07:12
結構、重たい内容になってしまったので、コメントは無いだろうなと思ってました。やっぱり、嬉しいものですね(^^)

>ナナさん
いらっしゃいませませ☆
文章が上手なんて、初めて言われましたよ〜!!!素で嬉しいな(笑)
高校生の頃、担任の先生に
「お前、反省文書くの、誰よりも早いよな」
って言われたぐらいです(笑)

懐が広い男の人が私の前に現れたら、私の考えも変わるのかも・・・。
この我の強さがダメなんでしょうねぇ・・・。

また、書き込んでくださいね!!!待っておりまする♪


>あるるさん
確かに「極論」ですよね(汗)それは薄々気づいてました(笑)

「子供」っていうのもネックですよね。
子供とか、結婚ってね、私の中で「大人という責任を負う」って感じなんですよ。
私自身がまだまだ子供な気分なままで居るので・・っていうか、大人になりたくないので、こんなこと言ってるのかもしれません。
「え?!?!結婚て、もっと大人がするものじゃないの?!?!」
「え?!?!子供の私が誰かの母親になれる訳ないじゃん!!!」
みたいな(笑)

あ・・・ピーターパン症候群かッッ?!?!(笑)
Posted by えりざべす at 2004年10月21日 22:09
ちは。まじめっぽい話なんで、改名しました(^^;

私つい数カ月前に、結婚願望なんて持てそうにないとか公言していたんですけど・・・

最近は、結婚をしたところで、本質的には何も変わらないんじゃないかと思うようになりました。
私がいて、私の生活があって、私の未来があって、隣に誰かがいる。
確かに100%好き勝手に生きていくことは出来なくなるけど、隣に誰かがいてくれることで、自分の世界が数十倍にも広がることもあるだろうし。逆のことももちろんだろうし。

結局は相手次第なんじゃないかな〜と思うのです。
ってことで、結婚するなら私の生活を脅かさない人、なおかつお互い良い影響を与え合える人希望!!←これ、世に言う負け犬に多い意見らしい(ーー;

子供とかはさすがにまだ考えられないですけどね。
Posted by minico at 2004年10月22日 01:23
>結局は相手次第なんじゃないかな〜と思うのです。

それです!!!それ!!!(笑)
常に隣に味方で居てくれる男の人が居たらいいんでしょうねー。
・・というより、お互いに心から信用し合える相手だったら「私の生活」「貴方の生活」ってちゃんとお互いに自立できるんでしょうね。
そんな男の人に今まで出会ってない・・・・のか?!(笑)


理想に100%近い男の人を見つけるまで彷徨うか、50%ぐらいの人でも我慢してその男を育てるか・・・。

これも究極の選択ですよね(笑)
きっと、私は前者なんで、長い付き合いが出来ないんだろうなぁ〜・・・なんて思ってます。あはは。

・・・って笑ってる場合じゃない(笑)
Posted by えりざべちゅ。 at 2004年10月22日 16:13
はは(笑)
難しいですよね〜。その辺の選択は本当。

私は付き合い出すとけっこう長く付き合う方だけど。
あくまで今(今まで)は、恋愛の先に結婚を意識してない付き合いだから成り立ってきたわけで…
そろそろ結婚を意識した相手を探した方が良いかなと思い始めてます(^_^;
100%はきっと難しいし、50%は嫌だし(笑)、70%くらいの人だったらまだなんとか間に合うかなと。
↑安易な考えの自分が嫌(笑)
Posted by みにこ at 2004年10月23日 04:10
>100%はきっと難しいし、50%は嫌だし(笑)、70%くらいの人だったらまだなんとか間に合うかなと。
>↑安易な考えの自分が嫌(笑)

笑っちゃいました。
そんな素直なあなたが好き(笑)
Posted by えりざべす at 2004年10月23日 13:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。