2004年09月16日

騙し合い

彼(不倫相手)は、もちろん結婚しているが、
私は彼にとって初めての愛人じゃない。

結婚してからの、
彼女(・・というらしい。ちなみに私もカノジョという位置なんだって)は私で3人目、というツワモノ。

カノジョ未満のつまみ食いに至っては、もっと数が増える。
(本人以外の口から証言を得ているので、本当だろう)


そんな彼が、今日、こんな事を言った。

「俺ね、独身じゃないし、
やっぱり今まで遊んできた女の子とかは
‘本気になったらダメ’ってどっかでストップかけてたけど、
お前についてはねぇ・・・‘俺、結構本気じゃん!’って思う。」



「ふ〜ん」て言う私に対して、彼は続けた。

「お前、信じてないやろ?」


「じゃあ、その言葉の5割だけ信じてあげるよ」と私。



  前にもこのブログに書いたと思うけど(ココ。以下抜粋)、

  >不倫をしている、という時点で
  >「相手を信じられるor信じられない」という概念で
  >話をすること自体が馬鹿げているのだろうけど。



  って私は思うのさ。



で、その会話の続きは↓。
彼は言う。

「お前、付き合いだした頃とか、俺のことまったく信じてなかったもんね。」


  そうなのだよ。
  彼と付き合いだした・・っていうか、
  こーゆー関係になった当初は、彼に面と向かって
  「あなたのこと、まったく信じられない」って、
  それを言っちゃあおしまいよ的フレーズをよく言っていた。



続きに戻ろう。

だからね、私はちょっと勇気を出して、彼に言ってみた。
反応を見るのがちょっと怖かったけど。

「あのね。私はね。私たちの関係ってさ、‘信じる’‘信じない’っていう次元で話をするのは、ちょっとオカシイな、って思うわけよ。・・・・不倫じゃん?」


これは、彼にとっちゃあ、ケッコウきつい言葉だったらしい。

「それは・・・言わないでほしかった。」

と、彼。



  彼は「不倫をしている」という事実から
  目をそらしていたいのだろうか?
  
  不倫という曲げようもない事実に
  目を瞑り続けたいのだろうか?

  私との関係を
  「独身同士の彼氏・彼女のお付き合い」
  だと思い込みたいのか?


  まったくもって都合のいい話だ。  馬鹿じゃん。



彼があまりに悲しそうな声を出したもんだから、
私は急いでこう付け加えた。

「いや、ちがうの。あまりに貴方のことを好きになりすぎて信じちゃうと、最後に私自身が傷ついたり痛い目に合いそうだから、そう思い込むことによって、自己防衛してるんだと思う」

我ながらあっぱれな言い訳。
こーゆー時、ホステスして会話の技術を上げといて良かったと思う。



  騙し合い。。。。。とも言うのかも。
posted by エリザベス at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月15日

「体調が悪いみたい」

嘘をついた。




今日は彼と一緒に居るより、

家で一人で居たかった。
posted by エリザベス at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

i don't rush to make a final decision.

(どーしたの?)

心が晴れないの。


(なんでだと思う?)

わかんない。

不安定なの。


(どーしたいの?)

わかんない。


(別れたいの?)

そうかもしれない。


(別れられないの?)

わからない。


(でも気持ち、冷めちゃってるんでしょ?)

たぶん。


(じゃあ、なんで別れないの?)

わかんない。


(彼のこと好きだから?)

わかんない。

でも、たぶん、もう好きじゃない。


(じゃあ別れればいいじゃん)

うん・・・でも・・・・踏み切れない。


(なんで?)

だって彼と別れる時は今のお店を辞める時だな、
って付き合う前から決めてた。


(そっか。お店辞めたくないから踏み切れないんだ)

そうだと思う。


(どーしようか・・?)

わからない。



posted by エリザベス at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月14日

吐露

(電話で)

私:やっぱり今日は会わんでお家に帰ろうかな

彼:会わないの?

私:うん・・・ 帰ろうかと思って ・・どーしようか?

彼:どっちでもいいよ

私:うん・・・・じゃあ、帰る

彼:分かった・・・明日も試験だしね

私:うん・・・・

彼:・・・・

私:・・・・

彼:会いたかったなー

私:じゃあ会う



本当はお家に帰るつもりなんてなかったのよ。

「帰る」って言った時、

少しでも悲しい素振りを見せて欲しかったの。

私ばっかり会いたいんじゃないか、って不安だったの。
posted by エリザベス at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月13日

使い分ける。

不倫相手との関係に限界を感じてるのかもしれないなぁ。

会いたい、って言いたいのに言えない。

そもそも本当に会いたいのかどうかも分からない。

ここんとこココロが不安定なんだよ。


「会いたいときは、素直に言って」って言うけどさー

私が全部全部素直に「会いたい」「会いに来て」なんて言ったら困るくせに。
自由に動き回れない身のくせに。


全部全部、アンタの言ってること、
薄い半透明のフィルムを通して濁って聞こえてくる。


気づいてましたでしょうか?
不倫相手のことを書くときには、カテゴリを「ホステス」にしている。
素の私は、ただ単に「普通の女子大生」なんだけど、
彼との関係を続けている私は「ホステス」なのだ。
彼と一緒にいる私はホステス。
ホステスを・・・演じているのかもしれない。

彼との出会いは夜の仕事を通してだ。
彼が初めて会ったのは「ホステス」としての私。

不倫なんて、所詮「都合の良い関係」。
自分にとって都合の良い所だけを見続けていい関係。

初めての出会いが、私が女子大生の時のお昼時だったなら
きっと彼は女子大生の私になんて興味を持たなかっただろう。
彼が私に興味を持ったのは、私がホステスだったからだろう。

恋人同士ってのは普通「お互いの嫌な所を受け入れる」という。
でも、私たちは不倫。
私は「不倫関係はお互いの嫌なところを受け入れる必要なんてない」と思っている。

お互いに自分の綺麗な所だけ相手に見せていればいい。

素の私なんて、彼はきっと見向きもしないだろう。

だから私は彼の前では常にホステスでいる。
可愛くて、女らしくて、完璧に作りあげられた偽の私。
posted by エリザベス at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月12日

The person you have called is currently unavailable.

朝(昼?)起きたら、私は誰かの声が聞きたくなる。
なんでか知らないけど、誰かの声が聞きたくてケータイに手を伸ばすわけ。
で、ここ最近は、電話する相手は不倫相手ね。

起きたばっかりで半分寝てる状態で誰かと恋人と話すのが好き。
良〜〜〜い気分になる。
起きたばっかりの私の声は、限りなく「風邪をひいたニューハーフ」に近いんだけど、
そんな声を聞いて、愛しげな声で
「今起きたの? 昨日、また寝るの遅かったんでしょ?」って言ってくれる彼が好き。

で、今日はさっき起きた。
いつも通り不倫相手に電話する。

・・・圏外。

なぜだ?

(考える)・・・・なぜだ・・・??

今日は仕事のはず・・・。
彼は家にいる時は、必ずケータイの電源をOFFにする。
まさか、妻子供の居る家にまだ居るのか??
今、昼の12時過だぞ・・・???

・・・(思い出す)!!!

あ、そーか。今日は仕事で他県の田舎まで行ってるんだった。
奴のケータイ、FOMAだから田舎は見事に電波届かないんだ。

納得納得。
posted by エリザベス at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月11日

私が嫌いな男

男に自分の生活スタイルを変えられるのが大っ嫌いだ。

「この日は一人で過ごそう。そして○○して、○○して・・・」
ってちゃんと予定を立ててたとする。
すると男がこう言う。
「じゃあ、俺の所に来いよ。だって一人で1日過ごすんだろ?」

私には私の考えがあって、1日を一人で過ごすと予定を立てたのに、
なんでこの男は私の生活をかき乱すんだろう。
やめてくれ。

そして、私がこう言う。
「その日はだめだよ」
「なんで? 別に誰かと予定がないなら大丈夫でしょ?」と男は言う。

イライライライラ・・・・

だーかーらー・・・
アンタは何の権利があって私の予定をかき乱すのか?
何の権利があって私の生活に土足で入り込んで来るんだ?


こんな人もたまに居る。
「仕事終わったら電話して」
「家に着いたら電話して」
「寝る前に電話して」
って、言う男。

たまに言われるのは悪くない。
私だって乙女の端くれだ。たまにだったらいい。

でも、こーゆー事を毎日義務付ける男ってたまに居るじゃない?
もっとヒドイのは、私がそれを一つでも怠ると
「もーーー。心配するだろ」って怒る奴。
あれ、無理。 マジ、無理。

アンタは私を監視してるのか??
心配なんてされる必要ないから。
アンタは私の夫かい?私たちは結婚でもしてるのかい?



私みたいに思ったり感じたりする女の人、居ませんか?
居ますよねえ?
posted by エリザベス at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何事も経験だと言ってそれで後悔するなら、何もしないで後悔もしない道がある、と酒井順子は言った(笑)

ブログサーフィンをしていたら、私と同じように愛人をしている人のブログを見つけた。

>不倫にしても、結婚にしても、
>何にしても言える事だと思うけど、
>人間自ら経験して体感したことじゃないと実際のところは何もわからないと思う。


って書いてあった。

これは私も心から賛同したい。

私の働いているクラブの大ママは次のように言う。

「不倫だって何だって経験しないと。愛人の立場だって経験しないと分からないんだから。

そして、いつか結婚したとき、自分の旦那が浮気するでしょ?
その時、自分に愛人経験があったら、その夫の気持ちだって分かってあげられる。
許してあげられる。
夫の浮気ぐらいでぐだぐだ言うような奥さんは結婚なんて長続きしないんだから。」


そして、こう続ける。

「だから若いうちに愛人を経験するのもいいと思うよ。
そのかわり、若いうちだけね。」


と釘をさす(笑)

この意見を初めて聞いたのは、私が不倫なんて始めるずいぶん前だったんだけど、
大ママのこの意見を聞いたとき、私は目からうろこが落ちる感覚がした。


両親が離婚して、私は母親に引き取られた。
母親は妻子持ちの人と付き合いだし、そして略奪を果たした。
相手の男に対して、まだ若くて純粋だった私は、純粋に母親とその男に対して嫌悪感を持った。
そして、いつの間にか「不倫」「浮気」っていう言葉すらも毛嫌いするようになった。

若かった私は、「結婚」というモノに対して、異常なほど理想を求めていた。

そして、年をとって少しは成長して、今度は「結婚」というモノ自体に嫌悪感がつのった。

「だって男なんて、すぐ浮気して、幸せな結婚なんてありえないでしょ?」

そう思うようになった。


そんな時、大ママの言葉を聞いた。

あ〜なるほど。
そーゆーカラクリかぁ。

結婚を継続させる事だけに集中するのであれば、
妻は夫の浮気を理解するぐらいの広ぉ〜心を持つのがいいんだなぁ。
愛人を経験することで、浮気する夫の気持ちが分かるのであれば、愛人経験だってしてもいいんだなぁ。

・・・って思うようになった。

これって、無理やりで当てつけの意見に聞こえますかねぇ?
愛人という立場をただ単に正当化してるだけの意見に聞こえますかねぇ?


そんな私、それでも結婚願望はナイんですけどね(笑)
posted by エリザベス at 00:37| Comment(7) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月06日

私が喜ぶわけねーだろ

不倫相手のことでちょっとムカつく事がありました。
書きなぐりたいとおもいます。

今日はずっとお家にいたんですよ。
試験が近いしね。遊びに出てる場合じゃないんでね。
で、ですよ。
彼の仕事が終わる時間ぐらいに彼から電話があって、イキナリ、
「会いたいから、今から迎えに行くから」って。
男と会ってる場合じゃないのは分かってたんだけど、
でも、私も会いたかったし、すっげーーー外に遊びに行きたかったから、私もその話に乗っかった。
「じゃあ、30分後ね」って言ったんですよ。
したら、向こうが
「え?! マジで?!?!」って言うじゃない?(←ギターもった芸人みたいだな・笑)
そして
「でもね、今日は無理なんよ」って続けるじゃない?

まじ・・・・ はぁ???

って感じで。
彼は、私が試験中で遊びに出れないのを知っててわざと言ったんですよ。
予定が入ってるなら、初めっから会えないのは分かりきったことでしょ?

本っっっ当に、こーゆー時、すっげーーームカつく。

会えないのが分かってるのに、わざと気を持たせる風な事を私に言ってきたり、
明らかに心から思ってないことを、私が喜ぶと思ってるのか、わざと言ってみたり。

私が本当に喜ぶと思ってんのか??
そんな薄っぺらな所が、「本当に頭悪いな〜」って思う。

この前もこんなこと言ってた。
「お前と付き合いだしてから、嫁さんと1回もHしてない」

・・・って、お前は馬鹿か?

私が喜ぶと思ったか?
それが事実なのか、そうでないのか、なんてどーでもいいんだよ。
そーゆー事をぬけぬけと言う事自体に、頭の中が疑問符でいっぱいになった。

あぁ〜 今回はかなり毒舌になってしまいました。

・・・で。
今日の‘迎えに来る事件’はあまりに頭にきたので、叱りました。
謝ってました(笑)
posted by エリザベス at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月05日

女子大生&ホステス&愛人??

イキナリだが、不倫をしている。
よくある話だ。

「女子大生でホステス」ってのもよくある話だし、
「ホステスで愛人」ってのももっとよくある話だ。

このブログのタイトルを決める際、
「女子大生&ホステス」に「愛人」も付けようとした。
でも不倫なんていつまでも続く関係じゃないし、
いつまでも続けるつもりもないし「愛人」って付けなかったんだ。

今、つくづくタイトルに「愛人」って付けなくてよかったなぁと実感している。

なんでかって?
どーやら飽きてきたかもしれない。不倫に。

相手はお店のお客だった。
30代半ば。会社経営。

彼は私の担当のお客ではなかった。
私の勤めているお店は永久指名制なので、お客様一人ひとりに担当のホステスがつく。
だから「私のお客様」「○○ちゃんのお客様」っていう表現になるだけど。
もともと私のお客ではなかったんだけど、お店の常連さんだった。

なんでか知らないけど、そーゆー関係(どーゆー関係だよ・笑)になった。
相手には奥さんと二人のかわいい娘がいるのは承知の上で。
私も一回り以上年の離れた人と付き合うのは初めてだったし、
たぶん、「面白いもの見たさ」っつー好奇心もあったんだと思う。

どーやら最近、自分の中で心境の変化があってるのかもしれない。


もともと男の人と「彼氏・彼女」の関係になるのが苦手な私。
男の人とのお付き合いも短い短い(笑)
今回の彼とはまだ3ヶ月ぐらいしか経ってない。

3ヶ月目のジンクス。

1つ相手の悪いところを見つけちゃうと、そこがどんどん気になって、
次から次に悪いところばかりに目が行ってしまうようになる。
(悪いところしか見ようとしてない、という説もあったりする・笑)
今回もその傾向がちらほら見え出した。

それに、最初のころは「不倫」というものに舞い上がっちゃってて
今はなんだか・・・・刺激がない。

「いつまでたっても2番手の女」
それにも、結構うんざりしている。
別に相手に奥さんと別れてほしいなんて思ってないんだけど、
(てか、別れられても困るし。てか引く。)
やっぱり、誰かの「1番」になりたいのかな。

どんなに相手に「愛してる」とか「お前だけ」とか言われても、
全てが嘘に聞こえる。
いや、全てが嘘なんだろう(全てじゃなくても半分以上?)。

それって悲しくないか?
いつまでたっても相手のことを信じられない関係だよ?

不倫をしている、という時点で
「相手を信じられるor信じられない」という概念で話をすること自体が馬鹿げているのだろうけど。

彼にとって私は都合のいい女だし、
かなりぶっちゃげちゃうと、
私にとっても彼は都合のいい男。

お互いに都合がいい関係だから、やっぱり、
「信じられるor信じられない」という次元の話はしないほうがいいだろうね。(なんじゃ、そりゃ)

とにかく、なんだか最近は
付き合いだしたころみたいに好きだと思わない。
ただ単に倦怠期なのかな?

もう、どーでもいいや。

男のことで、いろいろ考えて、自分が追い詰められるのは大っ嫌い。

もう、どーでもいい。

考えること自体が面倒くさいったりゃありゃしない。

なるようになるだろう。流れに身を任そうじゃないか。
posted by エリザベス at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。